header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2016年3月5日土曜日

2016年3月5日土曜日23:50
こんにちは、YMです。
山元町では被災した町民が安心して暮らせる新しいまちづくりを目指し、3つの新市街地(新山下駅周辺、新坂元駅周辺、宮城病院周辺)の整備が進んでいます。
その新市街地で営業を始める待望の”第1号”となる「ローソン坂元駅前店」が2月18日、新坂元駅前にオープンしました!

オープン前日のセレモニーでは関係者約60人が集まり、開店を祝いました。
山元町の齋藤俊夫町長は「これから町の副都心として機能強化していく坂元駅周辺。今回のオープンは、その一翼を担っていただくことになります。これからどんどん今日のような明るい話題をご紹介できるのではないかと思います」と挨拶しました。

オーナーの遊佐宗之さんは、ここから2kmほど離れた場所でコンビニを経営。店舗は津波で浸水しましたが、その日のうちに営業を再開し、最後の商品が無くなるまで、町民のために営業を続けられたそうです。
「その時にローソンから連日支援していただいたことは一生忘れません。そのローソンと共に復興の”旗頭”となり、開店できたことに非常に感動しています」と話しました。

* * * * *

オープン初日は開店時間の朝7時から、待ちわびた人たちが列をなしていたそうです。私が到着した10時頃でも、かなり混んでいました。

18日~20日の3日間はオープンセールが行われ、限定商品や割引商品が並びました。
オープンセール限定で販売された「いちごのサンド」。
山元産のいちごを使っています

地元店舗のワゴン販売も並びました

「坂元地区は買い物できる店が少ない」という住民の声を考慮し、野菜などの生鮮コーナーを充実させたそうです。
オープンセール限定の特設野菜売り場
近所から来たという女性は、「今日のオープンが楽しみでした。近場に便利なコンビニができてうれしいです」と、早速たくさん買い込んでいました。

オープン初日の店頭のブラックボード。
「皆様の笑顔のために頑張ります!」
* * * * *

坂元駅前には商業施設と、約100世帯の災害公営住宅と戸建て住宅が整備される予定です。しかし商業施設用地には現在のところ、ローソン以外の出店が未定となっています。

坂元駅前の商業施設用地。
写真左のコンビニ以外はまだ土が広がっています

(取材日 平成28年2月17日、18日)