header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2016年2月10日水曜日

2016年2月10日水曜日6:09
こんにちは、YMです。
現在復旧工事中のJR常磐線の近況をお届けします。

常磐線移設線路のイメージ模型
常磐線の中でも津波の被害が大きかった亘理町の浜吉田駅から福島県の相馬駅までの区間は、現在も工事中で不通となっています。
そのうち、山元町の山下駅と坂元駅、福島県の新地駅を内陸側に移設。その移設工事区間は全長約14.6kmにもなり、JR東日本としても開業以降初めての大規模な修復工事となっています。
1日約1000人の作業員が、早期運転再開に向けて工事に取り組んでいます。

* * * * *

2014年から工事が始まり、当初の完成予定は2017年春でしたが、順調に工事が進んでいるということで、2016年12月末に予定が前倒しになると発表になりました!
この発表があったのは2015年11月25日でした。その6日後に山元町を訪れると早速、坂元合同庁舎には「祝 JR常磐線 前倒し開通」と垂れ幕が掲げられていました。

■新山下駅
昨年12月にはまだ駅らしい形は見当たらず、線路しかありませんでしたが、、、
2015年12月 新山下駅予定地
先日2月3日に訪れたらホームの屋根ができていました。その真下には駅舎の建設も始まり、足場が組まれています。まだまだ建設中のようです。
2016年2月

* * * * *

旧山下駅にも行ってみました。ホームだけがひっそりと残っていました。
山元町では震災で636人が犠牲となりました。2016年度中に、この駅跡地に慰霊碑が建てられる予定になっています。
旧山下駅

■新坂元駅
こちらは12月と比べると、あまり変わってないように見えますが、こちらも駅舎建設の足場と、ホームまで繋がるエレベーターの骨組みができていました。手前の盛土も高くなっています。
ホームも作成中とのことですが、ここからはまだそれらしき形は見えません。
2015年12月 新坂元駅予定地
2016年2月

駅前には商業施設が建ち、道路を挟んで向かい側は住宅地になる予定です。こちらも建物の建設はこれからのようです。
駅向かいの住宅予定地

* * * * *

現在は駅舎の建設のほか、軌道工事、電線や信号機などの電気工事が進められています。
常磐線復旧工事の様子は、山元町のホームページで、最新の進行状況が公開されていますので、こちらもご覧ください。
■宮城県山元町ホームページ「つなげよう、常磐線!」
http://www.town.yamamoto.miyagi.jp/soshiki/7/1959.html

(取材日 平成27年12月1日、平成28年2月3日)