header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2016年2月20日土曜日

2016年2月20日土曜日10:10
こんにちはエムです。

東北に縁もゆかりも無かった福井福治さんが、東日本大震災直後から東北に支援に入り、山元町で活動を開始したのは2011年6月。その後2013年7月30日に「NPO法人 未来に向かって助け合い」を立ち上げた経緯については、先日お伝えした通りです。

====================
2016年2月13日土曜日
ボランティア募集~未来に向かって助け合い[その1](山元町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2016/02/1.html
====================

2015年5月に「未来に向かって助け合い」が開設した「山元・夢ファーム」
飼われているポニーのバックホー(右)とあんず(撮影:エム)

奈良県に生まれ栃木県に暮らす福井さんの本職は天理教の教会長。
天理教下野分教会の代表役員を務めると共に、自宅では少年院を出所した子供たちや家庭裁判所から補導委託された子どもたちなどを預かり、また、帰るところの無い子供たちを預かる「児童自立援助ホームしもつけ」の施設長などをしている方です。

東日本大震災発生した時、「いても立ってもいられず、何か役に立つことは無いか……」その思いだけで水などの支援物資をかき集め、東北へと向かった福井さん。最初は岩手県へ、次は女川へ、そして石巻市で活動をしていたのだそうです。そんな福井さんと山元町を結び付けたのは、不思議な出会いによるものでした。

当時牡鹿半島にあった港はどこも壊滅状態。何かお手伝いすることがないかと、誰もいない港を1つ1つ調査しながら1日中回っていた福井さんは日暮れ前、その日初めて車が止まっているのを見つけました。

「そこにいたのは日本財団の方だったのですが、話をしてみると何と、奈良にいる兄の知り合いだったんです」

この偶然の出会いにより、後に山元町に全然ボランティアが入ってないのを知った福井さんは、その方の依頼もあり、山元町山寺浜にある普門寺に向かいました。

福井さんの呼び掛けで来てくれたボランティアによる普門寺の修復
(2011年7月18日)

「不思議な巡り合わせで、まるで引き寄せられるように山元町に来た」と話す福井さん。

当初は山元町に宿泊できる場所は無く、石巻から通って瓦礫の撤去などしていたのだそうですが、家の提供者が現れ、山元町に住むこととなったのだそうです。

「7月上旬でした。そこは津波被害にあった家だったので、床は無いし壁にはドカッと穴が空いてるし、電気も水も何も無い状態でしたがそこを借りました。
そこから山元町に住みだしましたね」

民家の片付け作業(2012年2月5日)

福井さんは栃木県から、預かっている男の子たちも連れて来て一緒にボランティアをしていました。

「夏だったので雨が降ると嬉しくてね。雨樋が壊れているので雨水がドーッと落ちるじゃないですか。連れて来た男の子3、4人に、『よし!お前らシャワーだ!』と言って雨が降ると浴びていました。

その家に半年住んだ後、近くの牛橋区民会館を借りることができたのでそこに約1年間住みました。その後、山下の駅前で3棟1度に借りたんです。
2棟はお返しして、今残っている1棟を『未来に向かって助け合い』の宿舎にしていますので、ボランティアが少人数の場合はそこを使ってもらい、人数が多いときは区民会館を使わせていただいています」

こうして山元町に住みながら活動を開始した福井さんは、全国にボランティアを呼び掛け、地元の要望に合わせた支援を展開してゆきました。

民家の床下の泥かき(2012年6月11日)

その当時の様子を、先日の取材で出会ったボランティアの女性が話してくれました。

「私は2012年の3月に初めてここに来ました。
その時は約1カ月間山元町にいてボランティアしてたんですが、岐阜県から宮大工の頭領が来たり、北海道から左官屋さんやサッシやさんが来たりして、家の修復・改修を安い値段で引き受けてくれてやっていました。
福井さんも連れて来た少年たちと一緒に手伝っていました。
口コミで広がって、山元町の住民の方からひっきりなしに頼まれて、民家を修復していたのを覚えています」

「昼間は泥かきや瓦礫の撤去、支援物資の配布は牛橋区民会館を借りてそこでやっていました。着るものは洋服屋さんよりもたくさんありましたよ」

福井さんはスマートフォンで画像を探しながら語りました。

牛箸区民会館での支援物資の配布(2012年7月1日)

桑の葉を使った特産品を作る計画が動きだし、初めての植樹が始まりました。
ボランティアが畑の下準備をし、2012年4月11日の植樹会に地元の皆さん約100人が参加しました。

最初の桑の木の植樹(2012年4月11日)

ボランティアによる2回目の桑畑の準備(2012年7月2日)

「最初の1、2年の間に全国各地、北海道から九州までいろいろなところからボランティアが来てくれていました。1日50〜100人人体制でやっていて、中には大型重機を持って来てくれるボランティアもいたんです」

津波で枯れた木の伐採作業(2012年8月29日)

仮設住宅や牛橋区民会館でのイベントも企画されました。
年末年始には「餅つき大会」や「新年会」、3月には「慰霊祭」など、たくさんのボランティアの協力を得ながら行ってきました。
中には北海道から材料なども持ち込みの自己完結型で来て、今まで何度も「カラオケ大会」を開いてくれた方たちがいるのだそうです。

実は福井さんはプロのサクスフォン奏者の顔も持ってる方。昨年末(2015年)の12月23日には「山元・夢ファーム」で福井さんのオカリナ演奏による、初のクリスマスコンサートが開催され、地元の皆さんや県外の方々でにぎわったということです。

中央公民館広場での「餅つき大会」(2012年12月28日)

牛橋区民会館で行われた「慰霊祭」。黙祷をし鎮魂の風船を飛ばしました(2013年3月11日)

仮設住宅での「讃岐うどん教室」。香川県から来てくれた皆さんが
開催してくれました(2013年8月3日)

「未来に向かって助け合い」の活動を応援してくれる人も現れました。

「今までにいろんな人が関わりを持ってくださっています。
野菜や卵など、定期的に無償で送ってくださる人もいるし、この前は滋賀県からドングリの苗を送ってくれました」

東京から定期的に野菜を届けてくれる皆さん(2013年3月23日)

九州から来て建てています(2013年5月22日)
現在のログハウス(撮影:エム)

現在「夢ファーム」の敷地内に建っているログハウスは、山元町で福井さんと友達になった九州の方が、材料をわざわざ九州から運んで来て建ててくれたものだそうです。

( ※ ここまでの画像は、エム以外は全て「未来に向かって助け合い」提供)
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

それにしても、このような活動の資金はどうしているのでしょうか。
お聞きすると、今まで借りた家は多額の私財を使って修復し、持ち主にお返ししているのだそうです。
さらに「未来に向かって助け合い」の活動費など、そのほとんどを福井さん個人の収入から出費しているという事実に、驚きは隠せませんでした。

それに対して福井さんは言いました。

「別に私利私欲でやってるわけじゃないですし、僕の1番の根本に“人助けは絶対やらなければいけないこと”というのがあります。天理教ではそれが1番のメインですので、子どもの頃からそういう中で育ってますから染みしみ込んでいるわけなんですね。

でも“夢ファーム”の経営は今は大赤字ですが、なんとか軌道に乗せて地元の方たちに渡したいと思ってやっています」

「人を助けるお手伝いというのは、してる人が
優しい気持ちになるじゃないですか」と語る福井さん

「最初はよそ者ということで、役場などで嫌われて苦労した時期もあったんですが、ずっと持続して床下の泥出しとかイベントとか炊き出しとかいろんな事やってるうちに、5年近くたってやっと認められてきたかな……と思います。 

栃木県に妻と娘家族、そして預かっている子どもたち合わせて10人の家族がいますが、家族には苦労をかけていますね。でも妻はなんとなく理解してくれてるとは感じます。
今年67歳ですので、体力的にも何年こういう事やってられる分かりませんが、最後まで、できるところまでやり抜く。そういった気持ちでやっています」

次回はいよいよ「山元・夢ファーム」で作っている、今後注目度アップ間違いなしの高品質な農産物をご紹介します。
どうぞお楽しみに!

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

【会員募集】
・賛助会員 一口 3000円
・正会員  一口 1万円
会員には桑の葉製品を贈るなどの特典もあるようです。詳しくはホームページからお問い合わせください。

また継続した活動を続けてゆくために支援を募っています。
[ゆうちょ銀行]
名義 特定非営利活動法人 未来に向かって助け合い
記号 18150
番号 14893721

2016年1月10日に滋賀県から届いたドングリの苗

◆ NPO法人 未来に向かって助け合い
宮城県亘理郡山元町山寺字北泥沼112
http://tohoku-fukkou.holy.jp/index.html
Facebook
https://www.facebook.com/WeiLainiXianmiraitasukeaigkatteZhukeHei/

◆ 山元夢ファーム
(YouTube)
https://youtu.be/QdwchVk9N4U

(取材日 平成28年1月12日・26日)