header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2016年2月2日火曜日

2016年2月2日火曜日7:00
こんにちは。kaiiです。
今年は南岸低気圧と寒気の影響で、関東以南で降雪のニュースがたびたび流れます。
降雪による交通事故や転倒によるケガなどに注意しましょう。

平成28年2月7日午前10時から、南三陸伊里前福幸商店街の移設オープンイベントが開催されます。


当日は、午前10時から関係者によるセレモニーが行われ、午前11時30分から南三陸商工会青年部よる餅つきとお振る舞いが行われます。

登米市の和太鼓団体による演奏や演歌歌謡ショーなども開催されます。
多くの皆さんの来場をと、南三陸伊里前福幸商店街では呼び掛けています。

国道45号沿いには南三陸伊里前福幸商店街の入口を示す
大きな看板とのぼり旗が立てられています
(平成28年1月31日撮影)
南三陸伊里前福幸商店街は、東日本大震災から8カ月後の平成23年12月から国道45号沿いで仮設商店街として営業をスタートし、平成28年1月中旬まで営業してきました。

解体工事が進められる旧仮設商店街
(平成28年1月31日撮影)


1月中旬まで営業してきた場所が嵩上げされ、平成29年3月に被災店舗によるテナント型商業施設として開業します。
その建設工事が始まるため、国道45号をはさんだ海側の町有地へ移設されました。

新しい仮設商店街は旧商店街の道路をはさんだ反対側の海沿いにあります
駐車スペースも広いので楽しくお買い物が楽しめます
(平成28年1月31日撮影)

衣料品店や食料品店など、移設された仮設商店街に入居する9店舗は、引っ越し作業が終わり営業を再開しています。
南三陸伊里前福幸商店街では、移設された商店街へ多くの人に来てほしいと呼び掛けています。


平成28年1月18日、19日に三陸沿岸を北上した南岸低気圧の影響で、南三陸町では、刈り取り時期を迎えたワカメなどの養殖施設に甚大な被害が出ました。

2月2日に、気仙沼・本吉地方の養殖ワカメ共販入札会が行われる予定です。
それに先立ち宮城県漁協ワカメ流通センターが塩蔵ワカメなどの集荷が始まりましたが、初集荷量は31トンと、昨年の30%ほどにとどまっています。
調査が進むにつれてさらに被害が拡大するのではないかと心配されています。

南三陸町のワカメ、ホヤ、カキなどの養殖漁業者を、旬のワカメやカキを食べて応援しませんか。
南三陸町歌津の新しい南三陸伊里前福幸商店街へお出掛けください。

(取材日 平成28年1月31日)