header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2016年1月16日土曜日

2016年1月16日土曜日9:30
こんにちは、Chocoです。
新年仕事始め。
お正月の休暇は、みなさんいかがでしたか。
少し長い休みになるとどうしても体のエンジンは普段よりもかかりにくいと思います。
そんなみなさんに、今回はパワフルに活動する高校生の皆さんを紹介しましょう。
ここに集まっているのは、石巻地域の現役高校生です。
昨年の12月に、街を盛り上げるためのあるプロジェクトが始動しました。
それが「高校生百貨店」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北の復興・地域おこしを担う人材を輩出するため、石巻地域の高校生を対象にアントレプレナーシップ(社会課題解決事業を生み出す力)を育成するプログラムの1つが「高校生百貨店」です。
復興庁の「新しい東北」先導モデル事業の一貫として、かぎかっこPROJECT(NPOスマイルスタイル)」が企画・運営を行っています。
※「かぎかっこPROJECT」の活動については、後日ご紹介したいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年の12月から3月までのプロジェクトで、石巻地域の高校生20名の有志が実際にバイヤーとなり石巻・女川の魅力ある商品の仕入れから販売までを手掛けます。

生産者の「想い」をしっかりと消費者に届けるために、経営のノウハウや、商品についての調査、店舗デザインなど販売に向けての準備を合計6回のワークショップの中で進めていきます。
そこで厳選された商品が2カ所の百貨店で実際に販売します。
販売先は、2月27日・28日の2日間を仙台のエスパル仙台で、3月2日~6日の5日間を大阪のあべのハルカス近鉄本店で開かれます。

販売するまでの様子をこれから何度かに分けて紹介していこうと思います。
まずは、先月12月20日に開催された第1回ワークショップの様子を紹介します。

参加者は15名。
初対面の人も多かったので、最初は緊迫した空気でした。
高校生それぞれ、自己紹介
3人グループに分かれて、それぞれ共通点を探すゲームが行われました。
自己紹介やゲーム(アイスブレイク)を終えると、
高校生たちは、すっかり打ち解けて、会場は笑顔にあふれていました。

場が和んだところで「高校生百貨店」についての説明がありました。
その後には、大阪の百貨店「あべのハルカス近鉄本店」の社員2名が登壇し、バイヤーとしての心得や運営に必要なことなどのレクチャーが始まりました。
最先端でバイヤーとして、販売推進者として活躍する2名の方々から、百貨店について、商品の価値について生の声を聞くことができました。
先ほどまでふざけあっていた高校生バイヤーも2名の話が始まると真剣になります。
「あべのハルカス」についての紹介から高校生百貨店出店への期待なども話しました。
震災から4年が過ぎて、西日本側は東北の今の状況がどうなのか分からない人が多いそうです。
だからこそ、この高校生百貨店を通してたくさん発信してほしいことを伝えました。
お店と言ってもコンビニやデパートなどさまざまな形がある中で、
それぞれ販売用途が異なっています。
百貨店はというと、価格を重視するのではなく、
商品の価値を重視しているということなどが説明されました。
あべのハルカス・・・日本一の超高層ビルは、大阪市阿倍野区に2013年開業されました。
  地上60階建て、高さ300mと、日本で最も高い高層ビルで東京スカイツリー、東京タワーに次ぐ3番目に高い構造物で、ホテルやレストラン、オフィス、百貨店などが合わさる複合ビルです。
  その中の、地下2階から地上14階を占める「あべのハルカス近鉄本店」の館内にて、高校生百貨店が3月の数日限定で開店します。
          http://www.abenoharukas-300.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、実際にグループに分かれ、ワークショップが行われました。
これからバイヤーとなってやる上で、自分たちがすることやりたいこと、やる上での疑問点高校生百貨店の目指すもの(商品+口口口)の4つについて話し合われました。

そして、グループ発表をして、参加者同士で意見を共有しました。
「『商品+魅力』
魅力を伝えるためには、もっとしっかり自分たちがお客さんに伝えられるように商品について知ること。それと同じくらい大切なのは、それがお客さんにも伝わるようにしなければならないこと」。
さまざまな意見が出て、出店するまでにやるべきことが明確になってきました。

そして最後に、宿題が出されました。
・海(海産物など)
・陸(農産物、工芸品など)
・スイーツ
この3つグループのどれか1つを担当して、次回のワークショップまでに、自分が気になる商品、好きな商品をとにかく多く集めます。

実は、第2回目のワークショップが今月の10日に開催されました。
どんな商品が集まったか・・・引き続き紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーー
【高校生百貨店 実施団体】
復興庁(「新しい東北」先導モデル事業)
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-11/creationnewtohoku.html
かぎかっこPROJECT(NPOスマイルスタイル)
http://doorwaytosmiles.jp/  (http://smilestyle.jp/)

(取材日 平成27年12月20日)