header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年11月17日火曜日

2015年11月17日火曜日9:14
こんにちは、にゃんこです。

今日は11月21日(土)、22(日)に、七ヶ浜町で開催される町民ミュージカルのお知らせです!

公演を行うのは、七ヶ浜国際村を拠点に活動している市民劇団「七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニーミュージカルグループ NaNa5931」(以下:NaNa)。七ヶ浜国際村の劇場付きミュージカルカンパニーとして2001年4月に設立。七ヶ浜町に住む幼稚園児から社会人までの約30名で結成されています。

今回の上演作品は、「NaNa」のオリジナルミュージカル「ゴスタン Go Astern」
作、演出、振り付けを担当しているのは、劇団四季に自らの作品を提供している仙台市の演出家、梶賀千鶴子さんです。

~ ストーリー ~
時は西暦3011年。町の歴史を勉強していたネコとタヌキとイヌが、1400年ぐらい前の時代にこの辺りに「テイザンボリ」というのがあったということを知ります。そんな中、3匹は海岸近くで「海に近づいてはいけない『ゴスタン』反対側へゴー」と記された不思議な石を見つけます。意味がわからず「ゴスタン、ゴスタン…」と唱えていると、急に空が大きな雲で覆われたかと思うと、かすかな光の中から見たこともないようなうごめく者たちが現われ…。
ゴスタンの意味とは何か、果たしてこのあとの3匹の運命は? ファンタジックな中にも笑いと涙あふれる主人公たちの大冒険が繰り広げられます。



----------------------------
震災から8カ月後の2011年11月、七ヶ浜国際村でミュージカル「ゴーへ Go Ahead」が上演されました。震災後わずか1カ月後からレッスンを開始したというNaNaによる被災地で初めて創られたミュージカル。

~ 灯篭流しの夜。遺されたものたちは心に深い傷と喪失感を抱え、呆然と立ちすくむ。ふと彼らの足元に現われたのは、カエル、クモ、でんでんむし!? 「ぼくたちはいつだってきみのそばにいるよ」。空の神様から動物の姿を借りてやってきたのは…。

震災からの復興をテーマに、タイトルの「Go Ahead(前進)」が表す通り、「前を向こう!」というメッセージを込めたストーリーは、地元にたくさんの感動と希望を届けました。これまで13回の公演が行われ、名古屋や東京でも上演された話題の作品です。

ちなみに「ゴーへ」という言葉は、そのまま「ごーへ」と読みます。
地元の漁師さんたちが船を誘導する際に使う言葉なんだそうです。
英語の「Go Ahead(前進)」が訛ったものとも伝えられているんだとか。

今回上映する「ゴスタン Go Astern」は、この「ゴーへ(Go Ahead)」の後編にあたる作品。

「ゴスタン Go Astern」にはどんな想いが込められているのでしょうか?
音楽を担当した仙台市の舞台プロデューサー廣瀬純さんにお話を伺いしました。

「七ヶ浜町は、三方を海に囲まれた風光明媚な町。明治の頃には、軽井沢、野尻湖と並び外国人から見た日本三大避暑地と讃えられていたところです。
その美しい町の3分の一が、あの日津波に飲まれ一変しました。そしてその町にある劇場施設『七ヶ浜国際村』で2011年の秋にいち早く創られた作品が『ゴーへ(Go Ahead) 』。この作品は後に名古屋や山形などでも再演され、特に日生劇場における東京公演が実現した様子は、七ヶ浜町の広報誌の表紙になるなど、子どもたちの表現活動が町の人々を刺激し、復興への機運を高めるきっかけとなりました。
一方、今回制作中の作品『ゴスタン(Go Astern) 』はその『ゴーへ』と対を成す作品と位置付けています。『ゴスタン』という地元の漁師ことばは、ゴーへ(前進)の反対で、後ろにという意味合いで使用するそうです。私たちはそこにヒントを得て『千年先の未来から現在の七ヶ浜を観てみる』という前提をつくり、被災地に住む私たちが、未来へと託す希望を表現しようと考えました。
七ヶ浜町に15年通い続けている梶賀千鶴子(作・演出)さんには『ゴスタン』の劇中で『未来に立つ子孫たちへのメッセージ』をたくさん詰め込んでいただきました。また出演者一人一人に愛情いっぱいのキャラクター設定をしていただきました。音楽監督は盟友である只野展也氏に託しました。
一人でも多くの方に今年七ヶ浜の舞台から発信するNaNa5931新作のメッセージに触れていただければ幸いです」

またNaNaの活動を支えてきた七ヶ浜国際村の高橋事務局長は、
「3.11以降、NaNa5931に新たな使命が加わりました。それは、ミュージカルを通して、町民の皆さまには心の復興を。全国の皆さまには、これまでご支援いただいたことに対して、感謝の気持ちを伝えること。七ヶ浜の人たちが、復興に向けて頑張っていること。そして、3.11を風化させないことです。NaNa5931のメンバーにとって、舞台を観ていただけることが、何よりの励ましになると思います。皆さま、この機会にぜひ、お越しください」

===========================
七ヶ浜国際村パフォーマンスカンパニーNaNa5931公演
オリジナルミュージカル
ゴスタン Go Astern
2015年11月21日(土)18:00開演、22日(日)11:00、14:30開演 ※開場は30分前
会場/七ヶ浜国際村ホール(宮城郡七ヶ浜町花渕浜字大山1-1)
料金/【前売り】◆ヴィレジャーズ会員 大人1,500円、高校生以下500円
          ◆一般 2,000円、高校生以下1,000円
     【当日】大人2,500円、高校生以下1,500円(すべて消費税込)
チケットは全席指定。
七ヶ浜国際村事務室にて発売中!
▼お問い合わせ
七ヶ浜国際村
http://www.shichigahama.com/kokusai/
===========================

皆さんもぜひ足を運んでみてください!


(取材日 平成27年11月12日)