header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年11月25日水曜日

2015年11月25日水曜日7:00
こんにちは、YMです。
今回は皆さんにお知らせです!
以前ココロプレスでもご紹介したことがある「クロスロード」。
この度、クロスロード開発者である2人の先生方による「初心者向けクロスロード設問づくり」がお隣の岩手県で行われます。
■クロスロードとは
阪神・淡路大震災での経験や知識をもとに作られた、災害シミュレーションカードゲーム。「クロスロード (Crossroad)」とは英語で「岐路」「分かれ道」の意味で、このゲームでは設問に対して「自分ならどうするか」を"イエス"か"ノー"かで答えます。
子どもから大人まで年齢を問わず、ゲームを通じて、災害時に決断を迫られる場面を疑似体験できる防災教材として注目されています。
宮城県内でも被災体験を元に、地域に合わせた問題が作られるなど、広がりを見せています。

クロスロードの設問作りについては、今回のイベントよりも少し本格的に行われた合宿に参加したことがありました。この時にもお越しいただいた慶應義塾大学の吉川教授が今回も講師として招かれています。以前の記事はこちらです↓

2015年6月15日
■設問作りが後世への伝承に。クロスロード合宿(富谷町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/crossroad-cards-training-camp.html

さらにイベントの前半には「三陸ジオパーク」の復興に関連する発表もあります。
三陸ジオパークは、宮城県気仙沼市から青森県八戸市までの沿岸部にある自然の造形や歴史、文化などを体感することができる「自然の公園」です。

「東北から学び、問題作りに挑戦しよう」ということでしたので、「クロスロードに興味がある」「自分で問題を作れるようになりたい」と思っていた方は、ぜひ宮城県からも多くのご参加をお待ちしています。
↓イベントの詳細はこちらです。
==========
★クロスロードのつどい全国大会★
「東北から学び、問題作りに挑戦しよう」

■日時:2015年12月13日 13:30~16:45
■場所:岩手県立大学滝沢校舎総合政策学部大会議室

■内容(詳細は変更になる可能性があります)
1)インターネットアンケートによる三陸ジオパークの顧客獲得に関する研究
講師:岩手県立大学 伊藤英之氏
2)これからの10年もよろしく!クロスロード問題の作り方のノウハウを共有しよう!
・「100字でないと減点ね!」 慶應義塾大学 吉川肇子
・「300字を超えていけ!」 京都大学 矢守克也

どなたでもご参加いただけます。
事前に参加人数を把握するため、参加申し込みをお願いします。
申込先:(メールアドレスはスパム対策のため画像になっています)
==========

■「クロスロードってどうやるの?」という方はこちらの記事!
2015年1月15日
■災害はクロスロードの連続!「1000人のクロスロード2014」(仙台市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/01/10002014.html

(取材日 平成27年11月19日)