header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年11月13日金曜日

2015年11月13日金曜日10:31
こんにちは。kaiiです。
平成27年11月1日、南三陸町の農産品などをPRするイベント「2015南三陸町産業フェア」が、南三陸町総合体育館「ベイサイドアリーナ」隣の特設会場で開催されました。


「南三陸町産業フェア」は、東日本大震災で一時中断しましたが、昨年復活しました。

鏡開きも行われました。
お酒は、会場を訪れた希望者に振舞われました


旧志津川町と歌津町が合併して誕生した南三陸町。合併10周年記念として多彩な催しが行われました。

南三陸町誕生10周年と震災から復興する町への思いを語る佐藤仁町長
開会式で佐藤仁町長は、東日本大震災の津波被害を受け壊滅的な被害を受けた町内の嵩上げが進んでいること、新しく商業地などになる予定の土地が完成しつつあること、合併から10年を迎えた南三陸町への思い、産業再建についてなどを話しました。


餅まきを楽しむ人たち
10周年を記念し、南三陸町の名物になった「キラキラ丼」の食事券などが当たる「くじ」が入った餅まきが行われ、会場を訪れた人たちが大きく手を広げ、餅を拾っていました。

南三陸町特産のタコなどの水産品が飛ぶように売れていました
会場では、再建の途上にある町内の水産加工会社など、約30の企業や団体が出店し、自慢の特産品などを販売しました。

これから旬を迎える生カキも販売されました
宮城県志津川高校の生徒たちが販売した、「モアイ焼き」は人気で長蛇の列ができていました。

志津川高校の生徒たちが焼く「モアイ焼き」は大人気でした
*「モアイ焼き」とはモアイ像を模した型で焼くたいやきのようなお菓子です
また、地元の水産会社が販売した、「かまぼこだんご揚げ」を買い求めた女性は、「かまぼこだんごとは何かな? と思い買い求めました。丸い形のかまぼこを串に通してフライ衣も付けて油で揚げてあり、とてもおいしかったです」

会場にはたくさんの人の姿がありました
「久しぶりに南三陸町に来ましたが、町の嵩上げが進んでいて驚きました。会場では、たくさんの人が来ていることに驚きました。子どもさんの姿が多いのがとても嬉しかったです」と
笑顔で話しました。

ベイサイドアリーナ近くの特設会場
たくさんの人が訪れていました
南三陸町特産のタコやカキ、サケなどの加工品も並べられ、会場を訪れた人たちが買い求めていました。

(取材日 平成27年11月1日)