header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年10月8日木曜日

2015年10月8日木曜日8:00

こんにちは、YMです。
いよいよ秋の味覚がおいしい季節がやってきました!
そんな中、宮城県の三陸沿岸ではサンマが旬を迎えています!

今回は10月11日(日)に気仙沼市で開催される「気仙沼ベジフルさんままつり」と、そのまつりをおいしく盛り上げる「みやぎ野菜ソムリエの会」についてご紹介します。

はじまり

気仙沼市では震災以前から”秋の風物詩”として「さんままつり」が開催され、毎年多くの方が気仙沼サンマを楽しみに訪れていました。
しかし2011年は震災の影響で中止となってしまいました。

そこで今まで続いてきた「さんままつり」を絶やしてはならないと、株式会社阿部長商店と、「みやぎ野菜ソムリエの会」が協力し、独自のさんままつり「気仙沼ベジフルさんままつり」を開催することになりました。


第1回目の2011年は、「野菜と秋刀魚で元気に!」をテーマに、気仙沼の人たちに楽しく食べてもらい、体も元気になってもらおうという思いを込めて開催。
炭火焼サンマのふるまいをはじめ、野菜ソムリエたちが作った野菜たっぷりの「ベジフルさんまつみれ汁」、トマトすくい、ベジフル輪投げなど、子どもも大人も楽しめる料理とゲームで、会場は笑顔に包まれました。

野菜たっぷり「ベジフルさんまつみれ汁」
子どもから大人まで夢中になった「トマトすくい」

祭りは大成功!
2012年以降も、「気仙沼茶豆とサンマご飯」や「サンマとトマトのアヒージョ」などなど、サンマと地元野菜を使った料理も徐々にパワーアップしながら、少しずつ復興が進む気仙沼に、おいしさと笑顔を届けてきました。

気仙沼茶豆さんまプレート(2012年度)

▼第2~4回目の祭りの様子は、みやぎ野菜ソムリエの会のブログをご覧ください。
第2回 ■第3回 ■第4回


今年の思い

みやぎ野菜ソムリエの皆さん。2014年のベジフルさんままつりにて

第5回目を迎える今年のテーマは、

「思いをかさねて、みんなの力をひとつに!」

震災から4年半が過ぎた今日。気仙沼の皆さんに、旬の気仙沼サンマと野菜の食べ方を提案しながら、おいしく楽しく食べて、笑顔になってもらいたい!

そんな5年間の思いや、今回は他県の野菜ソムリエが応援に駆けつけるなど、地域を越えた野菜ソムリエたちの思いをかさねて、みんなの力をひとつに、気仙沼を応援していきます。

今年も炭火焼サンマを始め「野菜縁日」では、復興ねぎの丸焼きコーナー、ベジフルフィッシングコーナー、ベジフルさんまつみれ汁販売などを行います。
さらにお魚いちば2階ホールの「ベジフルワンダーランド」では、恒例のポップチョコベジ体験、サンマと野菜のおにぎらず体験、野菜スタンプコーナーなど、今年も楽しい企画が満載です!
おいしいサンマと新鮮野菜を食べに、ぜひお越しください!

野菜とチョコの意外な組み合わせが合う?!「ポップチョコベジ体験」
(※写真は全てみやぎ野菜ソムリエ提供)

気仙沼ベジフルさんままつり 開催詳細

クリックで拡大します
日時:2015年10月11日(日)
   11:00~14:00
会場:気仙沼お魚いちば(気仙沼市港町2-13)
http://osakana-ichiba.net/

【同時開催】ベジフルワンダーランド

会場:お魚いちば 2階ホール
クリックで拡大します
(取材日 平成27年10月1日)