header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年10月10日土曜日

2015年10月10日土曜日10:34
こんにちはエムです。

天高く馬肥ゆる秋……。
風爽やかに空が澄み渡る秋は、自然に視線が空に向かいます。

青い空に似合うのはもちろん白い雲ですが、人が揚げる凧も青い空に映えるものの1つでしょう。
しかも大凧56枚・小凧500枚からなる全長170メートルもある連凧となると、心揺さぶられるものがあります。

2014年3月9日。亘理町での凧揚げの様子

東日本大震災発生の3月に合わせ、県内の海辺の空に、そんな大掛かりな連凧を一斉に揚げる「連凧~笑み舞う~」2016年開催が決定しました。

「連凧~笑み舞う~」とは、被災地の空に連凧を揚げ、被災地にエールを送ると同時に、東日本大震災を風化させないメッセージと、日本文化を世界に発信することを目的に始まったプロジェクトで、2014年3月から開催され、2016年で3回目となります。

このプロジェクトは、NPO法人みんな一書が発案し主催するもので、このココロプレスでも何度かご紹介してきました。

前回の記事 = = = = = = = = = = = =
2015年1月29日 木曜日
今年も、笑み舞う。(仙台市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/01/blog-post_7.html
= = = = = = = = = = = == = = =

また「みんな一書」では、2012年からカレンダー型作品集「いっぽ一歩」を作り、被災地への思いやメッセージを掲載し、震災を風化させない取り組みをしています。
( ※「いっぽ一歩」はあの日、あの時を忘れないために、3月11日から始まるメモリアルカレンダーです)

その、カレンダー型作品集「いっぽ一歩」に掲載する作品募集がいよいよ始まりますのでお知らせします。
「いっぽ一歩」に掲載された作品は、そのまま「2016年連凧~笑み舞う~」の小凧としても、被災地の空に揚がります。

カレンダー型作品集2014年度版「いっぽ一歩」

【募集内容】

◆ カレンダー型作品集「いっぽ一歩」
作品募集期間:2015年11月1日()~11月15日()
頒布開始:2015年12月15日()~
出品料:みんな一書正会員 3,000円
    賛助会員     4,000円
    一般       5,000円
(参加者には「いっぽ一歩カレンダー」1冊進呈)
※カレンダーの収益金は、震災復興支援活動資金として利用されます。

◇ 詳細な応募要項はこちらから
http://minna-issho.shojin.net/?page_id=gallery&data_id=works/calendar


また「いっぽ一歩」とは別に、小凧用作品の募集が同時に始まります。
下記の募集内容を参照していただき、あなたのメッセージ作品を送ってみてはいかがでしょうか。

◆ 連凧~笑み舞う~
小凧募集期間 :2015年11月1日()2016年1月31日()
開催日時:2016年3月6日() 11:00~12:00
場所:若林区藤塚地区
出品料:無料

◇ 小凧用応募用紙はこちらから
http://minna-issho.shojin.net/works/calendar/kodako.jpg


「いっぽ一歩用作品」「連凧用作品」どちらの作品も共通したテーマは「こころのメッセージ」
東日本大震災の体験を風化させず未来に語り継ぐため、また、人間と自然との調和、家族や友人との絆(誓い、祈り、感謝など)、被災地へ送る言葉(勇気、希望、癒しなど)などの思いを込めた、「今年一番のあなたの作品」を送ってください。
応募資格は一切ありません。

表現方法は自由で、すでに発表した作品、未発表作品の書・画・版画・写真など、どんな分野でも受け付けています。
※ 事務局で趣旨に沿わないと判断した場合はご遠慮いただく場合があります。

連凧は大凧と小凧で構成されています

「みんな一書」代表、亀井勤さんからメッセージをいただきました。

「『3.11を忘れないために』との思いで有志で立ち上げた『みんな一書』では、恒例となったカレンダー作品、連凧小凧用作品の募集を開始します。

来年3月で震災5年目。震災の記憶が薄れる中、さらに日本各地で信じられないような甚大な災害、出来事が多発しています。
このような状況下で、今の自分の思いを記憶し残していくことがますます重要になってきているように感じています。

皆さまのご参加、お待ちしています」

作品募集に関する詳しい内容は「みんな一書」ホームページを参照ください。
http://minna-issho.shojin.net/

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

◇ お問い合わせ
NPO法人みんな一書」事務局 代表/亀井 
(書ギャラリー親かめ子かめ 内)
仙台市泉区泉中央1-7-1 泉中央駅ビルSWING 5F
電話:070-6950-9916
mail:minnaissho@shojin.net
http://minna-issho.shojin.net/

書ギャラリー親かめ子かめ

(取材日 平成27年9月28日)