header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年9月24日木曜日

2015年9月24日木曜日12:34

須恵系土器(八幡沖遺跡第9次調査出土土器)

こんにちは、にゃんこです。
現在、多賀城市にある多賀城市埋蔵文化調査センターで『第26回企画展  「震災復興」と「遺跡」』が開催されています。

市の面積の約4分の1が遺跡である多賀城市。
東日本大震災では、市域の3分の1が水没するという壊滅的な被害を受けました。
遺跡内でも復興事業に伴う工事が行われることになり、工事に先行して多くの発掘調査が行われることになりました。

詳細についてはこちらをご覧ください↓
======================
2015年4月8日
復興のための発掘。史都を支えた全国の支援
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/04/blog-post_47.html
======================

今回の展示では、4年以上におよぶ復興事業の発掘調査の成果と、同じ課題に直面した阪神淡路大震災の発掘調査成果を伝えるとともに、平安時代に起こった貞観地震(※1)からの復興の様子も紹介しています。
(※1)貞観地震…平安時代前期貞観11年(869年)に三陸沖で起きた巨大地震





主催する多賀城市教育委員会埋蔵文化財調査センターの村松稔さんは、
「震災復興と遺跡というと、どんな関係があるのかイメージがわかないという方が多いと思います。。阪神淡路大震災の時もそうでしたが、大規模災害からの復旧復興には、生活インフラ整備のための土木工事が多く行われます。特に遺跡の中で工事が行われる場合には、事前に発掘調査が行われているため、調査が急増するんです。
 展示の見所を一つ紹介すると、多賀城市宮内地区にある八幡沖遺跡からたくさん出土した10世紀後半から12世紀前半頃の土器があります。この時期の様子はまだ分かっていないことが多いのでとても珍しい資料なんです」

----------------------------------------------------
第26回企画展 「震災復興」と「遺跡」
開催日時:~10月18日(日)まで 午前9時~午後4時30分
会場:多賀城市埋蔵文化財調査センター企画展示室(文化センター内)
(JR仙石線 多賀城駅より徒歩約10分)
休館日:月曜(祝日の場合を除く)、9月24日、10月13日
入館料:無料


お問い合わせ
多賀城市埋蔵文化財調査センター
022-368-0134
http://www.city.tagajo.miyagi.jp/shiseki/bunkazai/index.html
----------------------------------------------------

また期間中には、参加者の皆さんとともに震災復興と文化財について考えるトークイベントやギャラリートークも開催します。

「トークイベントには多彩なゲストが登壇します。仙台平野の歴史と言えば、木村浩二さん。長年、多賀城跡の発掘調査に携わっておられる三好秀樹さん。阪神淡路大震災と東日本大震災の両方の発掘調査を経験された山本誠さんと菊地逸夫さん。そしてファシリテーターには震災のアーカイブ活動をしていらっしゃる佐藤正実さんと高森順子さんです。
 復興事業の発掘調査は『復興の足かせ』と言われることもありますが、実は真の復興は遺跡から見えることがあるんです。トークイベントでは、そんな地面の下から見える震災復興の話を聞けるまたとない機会です。ぜひ足を運んでみてください」
と村松さん。

【トークイベント】
第1回:「過去の災害とこれから」
開催日時:10月10日(土) 午後2時~
ファシリテーター:佐藤正実氏(NPO法人20世紀アーカイブ仙台)
パネリスト:木村浩二氏(仙台市教育委員会)
       三好秀樹氏(宮城県多賀城跡調査研究所)

第2回:「ふたつの震災からの復興」
開催日時:10月17日(土) 午後2時~
ファシリテーター:高森順子氏(神戸学院大学)
パネリスト:山本誠氏(兵庫県立考古博物館)
       菊地逸夫氏(東北歴史博物館)

会場:多賀城市市民活動サポートセンター

【ギャラリートーク】
第2回 10月3日(土) 午前10時~
会場:多賀城市埋蔵文化財調査センター展示室

※いずれの企画も事前の申し込みは不要です。直接会場へ来場ください。




(取材日 平成27年9月9日)