header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年9月14日月曜日

2015年9月14日月曜日14:53

こんにちは、YMです。
県内では地震・津波によって、鉄道の交通機関も大打撃を受けました。
それら鉄道の被災当時の様子から復旧工事、そして開通までの道のりを紹介する企画展が、東北福祉大学で開催中です。

『鉄道の復興 その時、今、あした』
—第Ⅱ期 鉄路の復旧と思いをつなぐ町づくり—


展示では、JR石巻線、JR仙石線、JR常磐線を中心に紹介されています。
石巻線は今年3月に、仙石線は同じく5月にようやく全線開通したばかり。常磐線は現在も運休区間があり、急ピッチで復旧工事中です。
各路線の被災写真、工事の過程や現場の様子、それと共に進むまちづくり計画、実際に工事現場で使われていた物など、貴重な記録が展示されています。

イメージ模型の周りをNゲージ模型が走っている

展示室中央には、復旧工事中の常磐線・駒ケ嶺から浜吉田までの1/3000スケールのイメージ模型が展示されています。これは地元住民に復興プランを説明するために作られ、実際に使われたものです。
この区間には「日本一長い直線線路」として有名な、定規で引いたかのような真っ直ぐな線路がありました。
しかし津波被害を受けて壊滅。
そのため線路を内陸側に移設し、さらにより高い所へと線路を高架線にするなどの工事が行われ、真っ直ぐだった線路は大幅に形が変わってしまいました。その形がこの模型から分かります。

土木工事はほぼ完了しているとのことで、2017年春の運転再開(浜吉田〜相馬間)に向けて、今日も工事が行われています。

『鉄道の復興 その時、今、あした』
—第Ⅱ期 鉄路の復旧と思いをつなぐ町づくり—

★入場無料
開催日:2015年11月7日(土)まで
時間:10:00〜16:00
休館日:毎週日・月曜、祝日(10/18と10/25は臨時開館)
(臨時休館…10/20、10/27)
会場:東北福祉大学ステーションキャンパス館3階 鉄道交流ステーション
HP:東北福祉大学鉄道交流ステーション 企画展詳細ページhttp://www.tfu.ac.jp/rmlc/exhibition/index.html

▼展示室が開いている土曜日には、鉄道模型館で運転会も開催。


講演会もあります

日時:2015年10月10日(土)13:00〜
定員:100名(予約不要)
会場:東北福祉大学ステーションキャンパス館 S301教室
>>テーマ<<
「東日本大震災の体験から」
「自然災害と鉄道の防災・安全対策」
「津波被災を受けた常磐線の移設復旧工事と地域との関わり」


ココロプレスでも復旧工事の途中経過や開通した時の様子をお届けしてきました。
鉄道関連の記事は「交通・インフラ」をご覧ください。


▼おすすめ記事▼
「ありがとう!」と「おかえりなさい!」仙石線復活!!
■上り編 http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/blog-post_61.html
■下り編 http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/blog-post_30.html
女川駅ができるまでのカウントダウン(女川町)
■5 ■4 ■3 ■2 ■1 ■0
(取材日 平成27年8月29日)