header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年9月13日日曜日

2015年9月13日日曜日22:27
こんにちはエムです。

9月も半ばになりました。涼しくなってススキやハギといった秋らしい山野草が目につきます。
時間とともに季節は流れ、東北は東日本大震災の多くの傷跡を残しながらも、少しづつ立ち直ろうとしています。

そんな中、「東北のビジネスを活気付けることで復興を応援しよう」と昨年から立ち上がった企画があります。
「新・東北みやげコンテスト」です。

今年で2回目となるこのコンテスト。
企画・主催の公益財団法人仙台市産業振興事業団では、商品の応募を呼び掛けています。
募集期間は、8月3日~10月9日 です。



対象となるのは、東北6県に所在する中小企業がおおむね2年以内に開発した商品、またはパッケージなどをリニューアルした商品です。
東北を訪れた人が、おみやげとして持ち帰ることができることも条件となっています。

第一回の昨年、選ばれた商品の一般へのお披露目と販売のため
仙台市青葉区一番町にある「仙台なびっく」を会場に
「新・東北みやげ販売会」が行われました。
たくさんの報道機関が取材に詰め掛けました(2014年2月6日)


仙台市産業振興事業団中小企業支援課主事の玉置光好さんにコンテストについてお聞きしました。

「昨年(平成26年)開催の第1回では、受賞商品が数多くのマスコミに取り上げられ、PRにつながりました。

2回となる今回は、特別賞として『デザインみやげ賞』『女子みやげ賞』『外国人みやげ賞』の3つの賞を追加、さらにパワーアップしています。
新商品やリニューアルした商品のPRを検討中の皆さまは、是非ご応募ください!

震災以降、落ち込んでいた東北への観光客数も回復傾向にあり、海外を含め、さまざまな方々に足を運んでいただいております。
東北の旅を彩る “おみやげ” を全国に、そして海外に発信したいと思います」


応募の方法や応募要項など、詳しくは仙台市産業振興事業団ホームページを参照ください。

前回の記事
====================
2015年2月17日 火曜日
ビジネスで復興を応援!東北の新しいみやげ発信!(宮城県、山形県、福島県、岩手県)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/02/blog-post_17.html
====================


第二回「新・東北みやげコンテスト」応募サイト
http://www.siip.city.sendai.jp/miyage2015/

公益財団法人 仙台市産業振興事業団
仙台市青葉区中央一丁目3-1 AER7階
電話:022-724-1212
FAX:022-715-8205
http://www.siip.city.sendai.jp/

(取材日 平成27年9月3日)