header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年9月3日木曜日

2015年9月3日木曜日18:15
こんにちは、にゃんこです。

火山の噴火や噴火警報、竜巻、突風の発生など、自然災害を伝えるニュースが毎日のように報じられています。

ここ最近宮城県内でも、地震のほか竜巻の発生を知らせる臨時ニュースをときたま目にするようになりました。
警報を見たら懐中電灯を側に置き、自宅にどんな備えがあったのか、逃げる場所はどこにするかなどを確認するようにしています。
今では当たり前のことですが、正直震災前までなかった行動です。

皆さんはいかがですか?

そういった小さい意識の変化でも今はとても大切なことだと思っています。
どんな災害が起きても大丈夫!という程の備品やグッズを備えることはなかなか難しいですが、必要最低限の備えだけは常に準備をと言う方も増えているのではないでしょうか。

一人ひとりの関心の高まりに伴い、震災以降は特に免震・耐震製品や、非常食、防災グッズなど多種多様な災害対策用製品が開発されています。

先日最新の災害対策用製品の展示会が開催されていると聞き、私も早速お邪魔してきました。

----------------------------

8月6日、7日の両日に渡り、仙台駅前のAERで開催された「震災対策技術展」

「震災対策技術展」は、1997年に神戸で第1回目が行われてから、毎年日本各地で開催されている地震・自然災害対策の専門展示会です。
宮城県での開催は今年で6回目を数えます。

第6回「震災対策技術展」宮城
The 6th Earthquake Technology Expo Miyagi
http://www.exhibitiontech.com/etec_miyagi/gaiyou.html



今年は、日本各地から66社の団体・企業が参加。

会場には、耐震・免震技術をはじめとする地震対策製品や技術の展示、停電時における電力対策、非常時通信対策、非常食や防災グッズなどの備蓄品、さらに津波対策から水害対策、雷害対策、雪害対策など多岐に渡る災害対策製品が集結していました。

「株式会社横森製作所」(東京都)が開発した
「津波避難タワー」。設置面積や高さ、収容人数にあわせて
カスタマイズできるのが特徴

「有限会社土佐通信」(高知県)による地震を感知すると点灯する
ソーラー発電街路灯・誘導灯

----------------------------
今回は家庭でも気軽に取り入れられる商品をご紹介したいと思います。

スイーツという文字につられてつい足が止まった先は、「トーヨーフーズ株式会社」(東京都)のブース。
展示されていたのは、「どこでもスイーツ缶」という珍しいお菓子の缶詰!
今年(2015年)の2月に発売を開始したばかりの新商品なんだそうです。

スイーツ缶詰はチーズケーキ、西尾抹茶のチーズケーキ、ガトーショコラの3種類

「災害時でも甘いものを食べることで、少しでも笑顔になってほしい。災害時に不足しがちなカロリーを手軽に補給できるのもポイントです」
と話すのは、瀬川義雄さん。

缶詰なので長期保存可能(18カ月)なことはもちろん、缶切り不要な手軽さもうれしいですね。

私はガトーショコラを試食。チョコの濃厚な味わいがありながら
後味はすっきり!本格な味わいが楽しめます

こちらはトーヨーフーズ株式会社のHPからも購入できます。

◆トーヨーフーズ株式会社
http://www.toyofoods.co.jp/

----------------------------

女性のためにと考えられた防災セットを紹介するのは、「株式会社ループラス」(岩手県)です。

「株式会社ループラス」は、岩手県沿岸部の女性たちの雇用の場づくりを目指し、2012年12月に設立されました。布ナプキンの製造、販売を行っています。

女性の防災セット“小町”(定価3,500円)
(写真提供:株式会社ループラス)

こちらは震災を経験した岩手県沿岸部の女性たちの声をもとに作られた防災セット。
バッグの中には、布ライナーやアイマスク、キーホルダーライト、ブランケット、鏡、防災備忘録、ボールペン、エチケットセット、クシと女性にうれしい&役立つアイテムが詰め込まれています。

トメさん(1,500円)、ツネさん(600円)、
マチさん(700円)(税別)

種類豊富に揃う布ナプキンは、可愛らしい柄はもちろんのこと、トメさん、ツネさん、マチさんといった親しみやすいネーミングもポイントです。

代表取締役の細川恵子さんは、

「女性の防災セット小町の特徴は、2枚の布ライナーが下着の替えとして入っていることです。両面とも綿100%生地で、裏表×2枚で4日間は清潔を保つことができます。着脱も簡単で、洗って干しても抵抗感が少ないデザインです。その他のアイテムも、震災を経験した方のリアルな声をもとに集めました。職場のロッカーや車の中に置いておくと安心ですよ」
と話します。

株式会社ループラス
http://looplus.jp/
----------------------------


どちらの商品も、「なるほど、あれば安心」。
ぜひ、家に備えておきたいと思いました。

次回は、誰もが心配な「あの問題」を解決してくれる画期的な商品をご紹介します。

(つづく)


その2はこちら↓
===================
2015年9月4日
~災害時のトイレ対策を考える~「震災対策技術展」に行ってきました その2
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/09/blog-post_39.html
===================

(取材日 平成27年8月6日)