header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年8月29日土曜日

2015年8月29日土曜日8:00
石野葉穂香です。

昨秋、10月5日、名取市のゆりあげ港朝市で『Songs from Singapore to Tohoku2014 ―シンガポールの音楽を東北へ―』というコンサートが行われました。

その様子は「ココロプレス」でもご紹介しました。

2014年11月3日(月曜日)
「優しさと強さのメッセージ 『Songs from Singapore to Tohoku2014』 @ゆりあげ港朝市(名取市)」
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/11/songs-from-singapore-to-tohoku2014.html

コンサートを開いたのは、日本生まれのシンガポール育ちで、現在は日本とシンガポールの音楽親善大使として活躍しているシンガーソングライターのSachiyo(サチヨ)さん。

震災の後、Sachiyoさんは、
「音楽のチカラで、日本と被災地の皆さんを元気づけたい」
と、シンガポールのミュージシャンに呼び掛け、『 Songs from Singapore to Tohoku Band 』を結成。
2011年から、宮城県と東京で、東日本大震災復興支援コンサートを行っています。

========================================

そして、今年もまた、Sachiyoさんとシンガポールのミュージシャン仲間の皆さんが、同じくゆりあげ港朝市で、コンサートを開催します。



震災から4年半。5度目の夏が過ぎて行こうとしています。
日本中の人たちの心を、あれほど大きく叩き、揺さぶり、傷つけた大地震や津波の記憶も、やっぱり少しずつ薄れ、あのときのような、切り刻まれるような傷みや苦しみは、時間が和らげ、癒してくれています。

ランはシンガポールの国花。
今年も先着100名の方にランの花がプレゼントされます

でも、それは、忘れてしまうこととは別。
それぞれの方法で、それぞれの記憶と折り合いをつけながら、私たちは、あの日のことを語り伝えていかなければならないでしょう。

思い出せば、心は痛みます。
だけど、そんなときに、やさしい声が、やさしい言葉がそばにあってくれたなら・・・。
寄り添ってくれる心、励ましてくれる声、柔らかく包んでくれるような歌と音楽に出合えたとき、誰もがやさしくなれるし、強い気持ちを抱くこともできます。

音楽には、そんな不思議な力があります。

音楽は、心と心を結び、やがて人と世界を繋いでいきます。
私たちもいつか、辛かった気持ちさえ歌うことができるのかも。

そのとき、私たちの歌が、誰かをやさしく癒したりすることだって・・・。

Sachiyoさんから、メッセージをいただきました。


「Songs from singapore to Tohoku 公演は、2011年12月に仙台で初公演を開催してから、今年で5年目になります。
5度目の開催に至るまで、音楽を通して、被災された方々と様々な交流を重ねて参りました。
築いた繋がりを大切にしたいと思い、今年もコンサートを開催させて頂く事になりました。
皆さん、お一人お一人の心に届くような音楽を、精一杯、演奏したいと思っております。
再会を楽しみにしております」

やさしさと強さのメッセージが込められたSachiyoさんの歌声を聞きに、ぜひおいでください。

(取材日 平成27年8月20日)