header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年8月27日木曜日

2015年8月27日木曜日8:00
こんにちは、Chocoです。
8月も下旬。
甲子園では仙台育英が準優勝。
熱い試合を見せてくれました。

夏の暑さも収まり、秋に近づきつつあります。
秋は実りの秋。
秋の食べ物は美味しいものばかりです。
私の大好物のサンマも旬がやってきます。

食べ物ばかりが浮かぶ秋ですが、暑すぎず寒すぎない季節が秋。
スポーツに最適な季節です。

今回は、9月5日(土)に開催されるイベントのお知らせです。
一般社団法人グリーフケアパートナー主催の「岡田武史氏による女川復興支援企画」です。

FC今治オーナーの岡田武史さんコバルトーレ女川の社長兼GE(ゼネラルマネージャー)の近江弘一さんとの対談。
その後には、岡田さんによるサッカー教室も行われます。
今回のサッカー教室では、首都圏のサッカークラブ「エスぺランサ」の選手を招待し、女川町のサッカープレイヤーたちとともに開催されます。
地域、年齢、障害の有無を越えて、さまざまな人と一緒にサッカーを楽しむとともに、女川の文化に触れる機会を創出します。


CPサッカー・・・Cerebral(脳からの) Palsy(麻痺)の略で、パラリンピックの正式種目にもなっています。
          障害者の団体競技の一つであり、7人制で行います。

          日本では「脳性まひ者7人制サッカー」とも呼ばれています。


会場となる女川町には、町民から愛されるサッカーチーム「コバルトーレ女川」があります。
コバルトブルーの色の海、自然豊かな森(フォーレ)をイメージした造語のチーム名です。

==========================
以前の記事
2014年6月28日「Cobaltore女川 宮城代表を賭けた決勝戦!」
==========================

スポーツを通じた魅力的な町づくりを目指す「女川スポーツコミュニティー構想」のもと、平成18年4月に誕生しました。
チームは、2017年Jリーグ加入を目指し、日々奮闘中です。
4月から東北社会人サッカーリーグ1部リーグの大会が開催されています。
現在、13試合中、12勝1引分と絶好調です。
しかしチームの目標は、勝つことだけではありません。
サッカーを通して町を元気にすること、地域貢献することを最終目的とし、さまざまな場面で日々活躍しています。


愛媛県今治市にも、街を盛り上げるサッカーチームがあります。
元サッカー日本代表の監督で世界を相手に戦った岡田さんがオーナーを務めるFC今治です。
こちらも地元に愛されているサッカーチームでもあり、サッカーを通して
「次世代に生きる子供たちや若者たちが”夢や希望”を持てる社会」
を実現させたいという強い想いがあるチームです。

2チームに共通するのは、「町に根付くチーム」、
今回、「サッカーを通じた街づくりと未来づくり」について対談します。
====================

岡田武史氏による女川復興支援企画
2015年9月5日(土)
岡田武史 氏(FC今治オーナー)×近江弘一氏(コバルトーレ女川社長兼GM)対談
「サッカーを通じた街づくりと未来づくり」
【時 間】12:00~13:30(11:30開場)
【場 所】女川町立女川小学校体育館(女川町女川浜字大原310)
    参加費無料(定員300名)
    体育館は土足厳禁です。各自で上履きをご持参ください。

岡田武史によるサッカー教室
【時 間】15:00~17:00
【場 所】女川町総合運動公園第 2多目的グラウンド(女川町女川浜字大原190)
 ※小雨決行。荒天時は中止もしくは、女川小学校体育館にて実施します。

対談参加希望の場合は、あらかじめ参加申込書をFAXでお送りください。
詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。
主催 一般社団法人 グリーフケアパートナー
    http://www.griefcare.or.jp/
====================


ぜひ、スポーツの力で盛り上げる街づくりについての対談、
そしてサッカー教室にいらしてください!!

――――――――――――――
コバルトーレ女川(公式ウェブサイト)
http://www.cobaltore.com/
FC今治(公式ウェブサイト)
http://www.fcimabari.com/
――――――――――――――

(取材日 平成27年8月2日)