header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年7月17日金曜日

2015年7月17日金曜日8:00
こんにちは、にゃんこです。

震災から今月で4年4カ月がたちました。
ようやく災害公営住宅の入居も始まり、交流会では一つの区切りを迎えたという声も聞かれるようになりました。

では、県内ではどのくらい整備が進んでいるのか、その状況が気になり調べてみました。

宮城県が発表した「災害公営住宅の整備状況について」(平成27年5月31日現在)によると、

計画戸数…15,988戸
事業着手戸数…13,875戸(進捗率86.8%)

うち、工事着工戸数…10,510戸(進捗率65.7%)
うち、工事完了戸数…5,545戸(進捗率34.7%)

ちなみに仙台市だけでみると、
計画戸数…3,179戸
事業着手戸数…3,179戸(進捗率100%)
うち、工事着手戸数…3,117戸(進捗率98%)
うち、工事完了戸数…1,981戸(進捗率62.3%)
残りの災害公営住宅も今年度中には完成し入居が始まる予定です。

一方、整備状況が特に遅れているのは名取市の閖上地区。
計画戸数…716戸
事業着手戸数…420戸(進捗率は58.7%)
うち、工事着手戸数…92戸(進捗率12.8%)
うち、工事完了戸数…42戸(進捗率5.9%)
入居開始が最も遅いところでは、平成30年を予定しています。

数値だけを見ると各地区で確かに差はありますが、どの地区でも復興に向けて懸命な工事が続けられています。

------------------------------

そして入居者同士、さらに地元の方々も含めた交流会も各地で開催されています。
今回は仙台市宮城野区幸町の「幸町第三災害公営住宅」で開催された「とん汁パーティー」にお邪魔してきました!


「幸町第三災害公営住宅」は、38戸のみの小規模の復興公営住宅です。
目の前には小学校、さらに大型スーパーやホームセンター、ドラックストア、郵便局、銀行、病院などが徒歩圏内にあり、
とても利便性の高い場所にあるのが特徴です。

------------------------------

会場となった1階の集会所には、入居者の方約40名と会を主催する「幸町第三災害公営住宅支援者の会」の皆さんが集結。

「幸町第三復興公営住宅支援者の会」は、幸町南地区社会福祉協議会、幸町町内会、幸町南学区連合町内会、幸町地区民生委員児童委員協議会、幸町市民センター、小松島地域包括支援センター、よもぎ埜、区まちづくり推進課、仙台市社会福祉協議会宮城野区事務所で構成されています。

集会場には入りきれないほどのたくさんの人が!

「ようこそ幸町においでくださいました。今日のために準備を行ってきた方々は、皆さん福祉の第一人者です。
何か困りごとや相談があれば気軽に声を掛けてください」
と始まりのあいさつをしたのは幸町南地区社会福祉協議会の会長である山本さんです。

「幸町はお買い物にとっても便利なところですよ」と山本会長

また、幸町南学区連合町内会の中尾会長は、7月25日(土)に行われる夏祭りの案内とともに
「13町内会が参加している連合町内会には1621世帯が加入されています。その組織をあげて皆さんを支援していきたいと思っています」
と力強いお言葉が。


------------------------------

そして、いよいよとん汁パーティがスタート。
みんなも一緒に踊ったり、ゲームをしたりと、とっても楽しそうでした!

地元の方々によるフランダンス。
振付を教えてもらい、みんなも一緒にフラダンス

こちらは高齢者運動サークル「幸町南ワイワイクラブ」の皆さん。
きよしのズンドコ節に合わせた軽運動を披露
そして最後は、待ちに待ったおいしいとん汁が登場!
小さな子どもたちやお父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんとみんなが笑顔のひとときになりました。

この日はなんと100食分ものとん汁が!
皆さん「お代わり~!」とお腹いっぱい味わっていました

----------------------------------
この日、最も注目を浴びていたのが幸町町内会の戸井会長です。

「幸町はね英語で、ハッピータウンと言うんです。仙台には5つの区があって、何百という町内会がありますが、ここだけが幸町、幸せの町なの。皆さんはすごいところにきたんだよ~!幸せな方々が住んでいる町なんです。ですからここでは振り込み詐欺に引っ掛かることなんてないんだよ。もし来たってやるもんないもんね!」
なんて冗談も交えながらのお話に、皆さん大笑い!



「せっかくハッピータウンに来たんだから、皆さん仲良くしましょうね。仲良くする第一歩は、まずは町内会に入ること!もし何か起きても民生委員や包括センターとみんな連携していますから安心です。ぜひ仲間に入ってください。仲良く頑張っていきましょう」

お話のすべてをご紹介できないのがとても残念ですが、こんなにも明るく楽しい町内会長さんがいらっしゃるなんて、まさにハッピータウン!

戸井町内会長の熱烈な歓迎に、皆さんもほっとされたのではないでしょうか。
これからもたくさんの幸せが訪れますように。


(取材日平成27年6月27日)