header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年7月22日水曜日

2015年7月22日水曜日9:16
こんにちは、にゃんこです。

今日は東京で開催されるイベントのお知らせです。

ココロプレスでも何度かご紹介させていただいた、東京都世田谷にある「目黒星美学園中学高等学校」の生徒たちが、7月28日(火)から東京ビッグサイトで開催される「下水道展'15東京」のフォーラムで活動の成果を発表することになりました。

目黒星美学園では、震災後の平成24年3月から継続して亘理町を訪れ「被災地ボランティア研修」を続けています。

「マイファーム宮城亘理農場」でのボランティアの様子
(画像提供:目黒星美学園)

亘理町公共ゾーン仮設住宅の第1集会所で開いた「せいびっこカフェ」では
ポプリやうちわ作りのワークショップを開催

その研修を通して見えてきたこと。それが、

「同じように私たちが被災して学校で過ごすことになったらまず何が必要になるか考えたとき、安全で安心できるトイレ」
だったと言います。

その想いから生まれたのが、簡易トイレキット「1回15円!女子から目線の簡易トイレ」です。


1回分の試供品パック
(画像提供:目黒星美学園)

そして、この活動を成果を「下水道展'15東京」で開催されるフォーラム「女性の人には言えない、聞けない、被災生活の
『トイレとプライバシー』」で発表することになりました!

=======================
「下水道展'15東京」 併催企画
災害時のトイレ・下水道フォーラム
女性の人には言えない、聞けない、被災生活の「トイレとプライバシー」

日時 : 2015年7月31日 12時~16時(受付開始12時)
会場 : 東京ビッグサイト 会議棟・レセプションホールA
定員 : 200名
主催 : 公益社団法人 日本下水道協会
企画・運営 : NPO法人 日本トイレ研究所

日本発!くらしを支える底力 下水道展'15東京


=======================

目黒星美学園の生徒さんから意気込みのメッセージをいただきました。

「今回参加するきっかけとなったのは、世田谷区が企画・運営を担当しているNPO法人日本トイレ研究所に本校を推薦してくださったことでした。中学3年生と高校1年生の有志8名で、発表や展示、イベントのお手伝いなどを頑張ってきたいと思います」

「私自身も消防少年団に所属しており、日頃から奉仕等に携わってきました。地域の方とイベントに参加したり、小さな子どもに防災を教えたり、とその活動はさまざまなです。私が活動を続けられているのは、『1人でも多くの人を助けたい、災害によって奪われる命をつなぎとめたい』という強い思いがあるからです。私たち女子中高生の目線から新しい取り組みを提案していくべきだと考えています。自分たちからアクションを起こしていくことを大切にしていきたいです」


皆さんもぜひ足を運んでみてください。


これまでの記事はこちら↓
====================
2014年9月18日 
高校生の私たちにできること〜目黒星美学園中学高等学校の取り組み
====================
2014年10月2日 
心に寄り添う「せいびっこカフェ」
====================
2015年5月25日
機能も見た目も◎!女子高生考案の「1回15円の女子から目線の簡易トイレ」
====================


(取材日 平成27年7月21日)