header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年6月22日月曜日

2015年6月22日月曜日10:00
こんにちはエムです。

3回シリーズでご紹介してきた「荒浜にぎわい商店街」。
そのPart 3をお届けします。

2015年6月17日 水曜日
荒浜が再びにぎわう商店街~Part 1(亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/part-1.html

2015年6月19日 金曜日
荒浜が再びにぎわう商店街~Part 2(亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/part-2.html

☆ーーー☆ーーー☆ーーー[菊一商店]ーーー☆ーーー☆ーーー☆

軽食・総菜・ソフトクリーム&コーヒーなどを提供しています。店内や店頭には飲食スペースがあり、ゆっくり食事をすることのできるお店です。
何と言っても看板メニューはワンコイン(500円)の定食。
代表の菊地一男さん自らが作る、揚げたての総菜が味わえます。


揚げたての総菜が味わえるワンコインの定食は11時半〜14時までです
総菜は手作りコロッケ、カニクリームコロッケ、とんかつ
鳥の唐揚げ、カレイの唐揚げなど10種類以上のメニューがありました

菊一商店代表の菊地一男さんは、「鳥の海ふれあい市場協働組合」の代表理事長でもあり、このココロプレスでも石野さんが紹介しています。

2015年4月29日 水曜日
荒浜に、もう一度、にぎわいとなりわいを(亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/04/blog-post_87.html


震災前は「わたり温泉鳥の海」の1階に「ふれあい市場」があり、そこで総菜を販売していましたが被災し、自宅や事務所なども全て流されてしまいました。
しかし現在では、いつかまた当時のにぎわいを取り戻そうと、荒浜地区のためにいろいろと考えている菊地さん。

「この亘理という土地は海の物も山の物もある、県内でも恵まれた場所なので、もう少し努力すればお客さんに来てもらえると思います。

今足りないのは、子どもたちがもっとゆっくりできる場所です。
例えばせっかくの海があるので、海の生き物と触れ合える『学習体験ゾーン』を作るとか、そういう施設があればまた違うのかな。
子どもたちが来ない場所には活気がないですので、我々の持っていきようで活気は取り戻せると思っています。
これから我々が考え、町にお願いするなどして検討していきたいと考えています」

グローバルな視点からさまざまなアイディアを持つ菊地さんですが、本業はなんと建設業だとお聞きし、驚きと同時に納得しました。

菊地一男さん
◇ 連絡先 0223-35-2228


☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

そして最後にご紹介する2店舗は、アーケードから少し離れた場所にあります。
アーケード東側の道路を挟んだ向かい側に並んで建っている「仙台インターネット通信社」と「リアルサーフ」です。

仙台インターネット通信社

(画像提供:インターネット通信社)

代表の齋藤邦男さんが平成16年に開業した「仙台インターネット通信社」は、ホームページ制作代行やパソコン教室を行う他、パソコン全般の相談、画像編集加工、新聞折込などの印刷物の制作と印刷、コンサートや野外ステージなどの音響に関する仕事など、驚くほど多岐にわたります。

震災前は現在より100メートルほど海寄りに事務所がありました。
震災発生当時、事務所で会議をしていた齋藤さんは、今までなかった強い揺れに津波の襲来を予感したのだそうです。

「鳥の海は大潮の時のように潮が引き、海水が無い状態でした。私は記録を残すという気持ちで、撮影しながら逃げたのです」

(画像提供:インターネット通信社)

事務所にあった機材やデータなどは全て流されてしまいましたが、幸いにも2カ所へレンタルしていた機材が残りました。
その機材を使い、震災から1年後の平成24年、亘理町内の仮設店舗で業務を再開したのだそうです。そして「にぎわい回廊商店街」オープン後の5月1日に、今の場所での開業に至りました。

「荒浜は私の地元ですので、末永く定着したいですね。
でも、あんな体験はもうしたくありませんので、データはここには保存しないようにしています」
齋藤さんはそう語りました。

「土日はコンサートなどの音響関連の仕事で忙しい」と話す齋藤邦男さん
(画像提供:インターネット通信社)
◇ 連絡先 090-8250-3876
 「仙台インターネット通信社システム部 仙台音響PAプロダクション企画」


[リアルサーフ]

サーフショップ「リアルサーフ」代表の残間祥夫さんは、「にぎわい回廊商店街」の代表理事を務めています。

この商店街を案内していただく中で、とても興味深い話をお聞きすることができました。
「リアルサーフ」については、回を改めてお伝えしようと思います。





「にぎわい回廊商店街」では、これから各種イベントなどの催しが開催されるようです。
ココロプレスでも順次お知らせしていきたいと思っていますので、気になるイベントに出掛けてみてはいかがでしょうか。

お腹も心も満たされた取材で、荒浜地区のこれからの展開が楽しみになりました。

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

◆ 荒浜にぎわい回廊商店街
 亘理郡亘理町荒浜字築港通り6

定休日:月曜日
営業時間:10時〜17時
※ 店舗により営業時間が変わる場合がありますので、各店舗にお問い合わせください。

イベント:毎月第1、第3日曜日(サンマの炭焼きなど行います)

[各種イベント募集]
音楽ライブ、ダンス、作品展示、フリーマーケット、植木市など。
基本的に無料ですが、販売を伴うものは有料です。

◇ お問い合わせ先
「荒浜にぎわい回廊商店街」代表理事 
「リアルサーフ」残間祥夫さんまで
 電話:0223-36-9664

(取材日 平成27年5月29日)