header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年6月19日金曜日

2015年6月19日金曜日16:30
こんにちはエムです。

先日ご紹介しました「荒浜にぎわい商店街」のPart 2です。
今回は荒浜漁港に面した南側入り口の両側にある2店舗をご紹介します。

前回の記事
====================
2015年6月17日 水曜日
荒浜が再びにぎわう商店街~Part 1(亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/part-1.html
====================


☆ーーー☆ーーー[サイクルショップサトウ・荒浜宝海産]ーーー☆ーーー☆

自転車と海産物?
とても珍しい組み合わせですが、代表の佐藤敏さんにお話をお聞きすると、「被災する前からこのスタイルでお店を営業している」のだそうです。

「扱っている海産物は、なるべく宮城県内のものや産地の分かる国内産のものです。
なるべく直接現地に行って仕入れています」というこだわりの品ばかりでした。

「鳥の海ふれあい市場」にも出店しています。

土曜・日曜は自転車屋さんはお休みし、イカ・ホタテ
焼きそばなどの販売をしています(撮影:平成27年4月26日)
佐藤さんおすすめの三陸南部沖で捕れた「アミえび」
石巻市から仕入れています
こちらもおすすめ、石巻市雄勝産の「とろろ昆布」と「青のり」

佐藤さんは船のエンジンも修理できる方

また佐藤さんは、ゆっくり荒浜地区を見て回りたい人のために、自転車のレンタルも行っています。
名前と住所を書けば無料で1日乗り放題というのは驚きです。

「この辺りは開発途中です。ゆくゆくは鳥の海が1周できる道路とか、堤防沿いの道とかが整備されれば、観光地としてもっと見て回れるようになりますので、そうなった時には新しい自転車を有料で貸し出そうかと考えています」
なるほど、現在はお客さんの状況をリサーチ中なのですね。

無料でレンタルしている自転車。
数に限りがありますので気になる方はお早めにどうぞ
◇ 連絡先 0223-35-2701


☆ーーー☆ーーー☆ーーー[魚屋 hide(ひで)]ーーー☆ーーー☆ーーー☆

鮮魚店です。
その日荒浜漁港で捕れた鮮魚が手に入る他、海鮮丼や、煮魚・焼き魚の定食を提供しています。
漁港の近くだけあって、新鮮な海産物に期待が高まる気持ちはみんな同じなのか、ひっきりなしにお客さんが訪れていました。


目の前の荒浜漁港で捕れた新鮮な魚を、その日のうちに販売しています

塩焼きや煮付けに加工した鮮魚も販売しています。
これはヒラメの塩焼きです

この日のメニューは、9種類が乗った「海鮮丼」、マガレイかクロソイが選べる「煮魚定食」、ヒラメの「焼き魚定食」の3種類でした。
腹ぺこの私は、目にも嬉しく、お腹も大満足の海鮮丼を味わいました~

9種類も乗った海鮮丼の他、茶碗蒸し、小鉢2種、汁物付き

「魚屋 ひで」は震災前、亘理町役場荒浜支所近くにあったそうですが、周辺の住宅地が無くなり、こちらに移転しました。

「荒浜漁港で捕れたてのものを出しているので、皆さんに喜んでもらっています。それに、鮮魚もスーパーでは並んでないものなどもあって、驚かれています」
そう説明するのは、代表の菊地秀喜さんの奥様の英恵(えみ)さん。
魚の調理法なども教えていただきました。

菊地英恵さん。明るく親しみのある方です
◇ 連絡先 0223-35-2849

「にぎわい回廊商店街」、残る3店舗は次回ご紹介します。
とても個性的なお店ですので、お楽しみに。
ではまた。

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

◆ 荒浜にぎわい回廊商店街
 亘理郡亘理町荒浜字築港通り6
定休日:月曜日
営業時間:10時〜17時
※ 店舗により営業時間が変わる場合がありますので、各店舗にお問い合わせください。


シリーズPart 3はこちらです。

====================
2015年6月22日 月曜日
荒浜が再びにぎわう商店街~Part 3(亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/06/part-3.html
====================



(取材日 平成27年5月29日)