header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年6月9日火曜日

2015年6月9日火曜日22:08
こんにちは、YMです。
宮城県内には徐々に『復興公営住宅』が完成し、入居が始まっています。
ここ「梅田町復興公営住宅」もその1つで、仙台市内に今年2015年3月に完成し、同月から入居が始まったばかりです。
みなさん新居での生活がスタートして、まだ1〜2カ月しか経っていません。
それに入居されたほとんどの方にとっては「新天地」。
慣れない土地で「分からない」「知らない」ことばかりでしょう。

梅田町復興公営住宅と梅田町内会長の木村純一さん。「ようこそ梅田町へ!」

そんな入居者の皆さんのために、梅田町内会の有志が集い、

「早く地域に慣れてほしい」
「梅田町の良いところを知ってほしい」

という気持ちを込めて、お店・病院・公園など周辺地域の情報をまとめた「ウェルカムマップ」を作成し、入居者に配りました。

しかし、ただマップを配るだけでなく、マップの内容を紹介しながら入居された方と地元の方との交流を図ろうということになりました。
そこで社会福祉協議会や地域のさまざまな団体などの協力で、5月23日に「梅田町ウェルカムサロン」が開催されました。

梅田町ウェルカムサロンの様子

当日は入居者34名、関係者19名が参加。会場は同住宅1階の集会所で、少しギュウギュウでしたが、たくさんの方が集まりました。

サロンでは地域イベント情報や周辺スポットの紹介のほか、花京院地域包括支援センターの保健師さんと一緒にゲーム感覚で軽運動をしたりと、なかなか楽しい会でした!

▲マップで周辺のお買い物スポットやオススメお散歩コースなどをご紹介!


こちらは仙台市社会福祉協議会の加藤貴子さん。
社会福祉協議会とは「誰でも安心して暮らせるまちづくり」を推進するための民間の福祉団体です。こちらと町内会が協力して、今回のウェルカムサロンが実現しました!

今回参加された方にお話を伺ったところ「みんな”初めてこの地域に住む”人たちばかりだから、このような会を開いてもらえてよかった」「おかげさまで今後の生活の参考になった」と、とても満足していました。

YMの感想
地元の方がこのように入居者の皆さんを気に掛けてくださっていることは、とても素敵なことですね!
地域団体の皆さんも「お困りの際はいつでも気兼ねなくご相談ください」と言ってくださり、近くにこのような関係機関があることも分かり、入居者の方も不安が少しでも解消されたのではないでしょうか。
1日でも早く地域に慣れて、和やかな生活が送れますよう、YMは願っています!

(取材日 平成27年5月23日)