header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年5月28日木曜日

2015年5月28日木曜日10:02
こんにちは、Chocoです。

「絶対に女川を好きにさせる自信があるので、
ぜひ、我歴stockに来てほしいです。
口では言えない魅力があります・・・
そしてその空気を身体で感じてください!!!」

そう笑顔で語るのは、「女川福幸丸」2代目「船長」、植木智子さんです。

===================

6月7日(日)
女川町で、毎年恒例の音楽フェス「我歴stock」が開催されます。

我歴stock in 女川

「女川福幸丸」は、震災の後、「音楽の力でふるさとを盛り上げたい」という地元の若者の想いから立ち上げられた有志団体です。
2011年10月30日に、第1回目となる音楽フェス「我歴stock」を女川町総合運動場陸上競技場(現:女川町民多目的運動場仮設住宅)で開催しました。
「復興編」
「瓦礫は、”我歴”」
はたから見れば、それはただのゴミしか見えないかもしれない。
しかし、女川町で生まれ育った私たちにとってそれは、
ひとりひとりの生きてきた証に思えてならない。
瓦礫ではなく、”我歴”
復興を目指し、『この女川の地に新たな”我歴”を刻んでいきたい』
そんな願いを込めてGAREKIという言葉をイベントに掲げた

それから、年に1回開催され、「我歴」が刻まれていきました。
2012年「奮闘編」
2014年「冒険編」
2013年「出航編」
そして今年は、2代目船長と新たな船員(メンバー)も加わった福幸丸が作り出す我歴stockの幕開けです。
そして今年のテーマは「新時代編」
「またここからスタート。
2代目船長になって第1回目の我歴stockも、
まちびらきが開催された女川町も、
第2章のスタートということで、今年は『新時代』をサブテーマにしました」



開催まであと1週間余り。
平日の夜、きぼうのかね商店街の一角に集まり、会議を開いています。
「仲間たちの支えがあるからこそ、船長として頑張れるんです」
植木船長にとって、仲間は心から信頼できる人だそうです。
初代船長から、2代目船長の話を持ちかけられ、一人で悩み、船長をやると決断したときも仲間が支えてくれ、「一緒に頑張ろう」と言ってくれたそうです。
「私にとってみんなは、頼もしい存在です。
福幸丸は、震災がきっかけで作られた団体なので、やっぱり震災との関わりが大きい。
今まで同じ女川にいても関わることがなかった人や、震災がなければ知り合うこともなかった人と、今こうやって女川町を盛り上げるために一緒に取り組んでいます。
本当に心から信頼できる人たちです」

我歴stockの準備を本格的に始めたのは、まちびらきが行われた後でしたが、準備はスムーズに進んでいます。
「もう5回目で、それぞれ役割も決まっているので、私が言う前にすでに動いてくれていました」
信頼と責任感がしっかりと一人一人の中にあるのが福幸丸です。
現在の福幸丸のメンバーは、25名。
10代から40代と年齢層は幅広く、仕事や経験もさまざまですが、「女川を盛り上げたい」という想いは共通しています。
だからこそ、いろいろな意見が飛び交うそうです。
一緒に頑張っている仲間とは自然と絆が深まり、回数を重ねるごとにチームワークが強くなります。

「我歴stockは、私たちのメインです。

今年もよかったねと言われたい。
プレッシャーはありますが、今年はどうなるかなっていう楽しみな気持ちでいっぱいです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月に女川駅が再開して、町全体がまちびらきでにぎわいました。
かさ上げや復旧工事が進む中、駅ができたことで町としての機能がやっと回復しつつあります。

今までの4年間は、町の外観を通しての復興がメインでした。
震災から5年目の今、駅が完成し、まちびらきの町と一緒に2代目船長と福幸丸の新たなステージの始まりです。

そんな今回、注目したいのは「町民参加型」です。
「今までのように町外、県外のゲストの皆さんの来てくださって、女川町を盛り上げてもらうだけではなく、女川の人が女川の人を元気にすることも大切だと思い、今回は、女川出身のアーティストが多く出演しています」
お客さんとしてではなく、出演者として。
自分のふるさとを自分たちで元気にしようという想いで。
女川町出身のアーティストがステージに立ちます。

今年も、毎年恒例のゲストの皆さんが女川町を盛り上げにやってきます。
そして、2012 Miss Universe Japanの原綾子さんがプロデュースする、女川町の子どもたちが主役のキッズファッションショーも開催されます。
そして今年は、町民もステージ上で女川を盛り上げます!!

(原綾子さんの紹介記事)
2014年7月6日 日曜日
我歴stock in女川~冒険編~1:子どもたちが主役のファッションショー(女川町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/07/stock-in_6.html



「町民の人も、町外から来た人でも新しくこれからできていく町で開催する我歴stockを私たちは盛り上げるので、女川の空気と音楽を楽しんでもらいたいです。
絶対、女川を好きにさせる自信があるので来てほしい。
口では言えない魅力がありますから、会場に来て身体で感じてください!!」
福幸丸 2代目船長 植木智子さん

============
我歴stock in 女川〜新時代編〜
《日 時》2015年6月7日(日)10:00〜(入場無料)
《場 所》 女川町立女川小学校 校庭
詳しくは公式サイトをご覧ください。
http://www.onagawa-fkm.com/
============
女川の魅力、元気がいっぱいの我歴stock!!
今年も楽しみです。


(取材日 平成27年5月8日)