header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年4月12日日曜日

2015年4月12日日曜日10:33
こんにちはエムです。


4月3日にサクラの開花が発表されてから、早1週間ほど経過した仙台市です。
仙台管区気象台は9日、仙台市のサクラが満開になったと発表しましたが、気温は花冷えを通り越して3月中旬並みの寒さが続いています。

そのためでしょうか。サクラの花と同時に、コブシ、モクレン、ツバキ、エニシダなどの花々が同時に咲いています。

仙台市青葉区川内は、かつて仙台城(青葉城)があった場所。宮城県美術館、仙台市博物館、仙台国際センターなどの文化的施設があり、この時期になるとサクラが広瀬川の水面に映えてとてもきれいな風景が楽しめます。
また、東北大学川内キャンパスや仙台城跡入り口もあり、年間を通して観光客や学生の姿が絶えない場所でもあります。

「大橋」から南方向を望む。満開はもう少し先のようです
地下鉄用の新しい橋が見えます。その向こうには「中ノ瀬橋」があります
仙台駅前から西へ延びる青葉通の先に、広瀬川に架かる橋「大橋」があります。
その辺りからの眺めは春にはサクラ、その後の色とりどりの新緑や、秋には紅葉の風景が美しく、お勧めのスポットです。

仙台国際センターの庭に咲いているサクラとコブシの白い花
仙台国際センターとコブシの花

東日本大震災で崩れた仙台城跡の石垣の修復工事はようやく終了し、八木山方面へ抜ける道路も平成27年2月25日に開通しました。

大手門脇櫓
平成27年2月25日に開通した、青葉城跡への入り口

仙台城跡までは歩いて行くこともできます。
ゆっくり歩いても20分ほどで伊達政宗公の銅像がある本丸跡に到着します。


 歩き疲れたら仙台市博物館や宮城県美術館のカフェがお勧めです。
仙台市博物館は館内改修工事のため平成26年12月1日から休館していましたが、この3月28日から再開しています。

新たに企画展も始まるようですので、行ってみてはいかがでしょうか。


東日本大震災復興祈念
特別展 国宝 吉祥天女が舞い降りた!
―奈良 薬師寺 未来への祈り―
平成27年4月24日(金)~6月21日(日)
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/tenrankai/index.html


杉戸 洋 展 天上の下地  prime and foundation
平成27年5月2日(土)~7月26日(日)
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20150502-s01-01.html

仙台市博物館

宮城県美術館

仙台市内ばかりではなく他の地域でも、東日本大震災の傷跡は1つ1つ修復され、元の景色や新しい風景に変わっています。
それは良いことには違いありませんが、同時に「風化」という時間の大きな波へ飲み込まれる危険性も含んでいます。

私たちの中にはとかく安心したがる傾向が見られますが、4年前にサクラが咲いたのを見た時の気持ちは忘れません。
それは春が来た喜びではなく、うれしいでもない、胸が締め付けられるようなせつない気持ち。
サクラが咲くたびに思い出しながら生きていこうと思いました。




仙台市博物館
〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地[仙台城三の丸跡]
TEL:022-225-3074 FAX:022-225-2558
http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/

宮城県美術館
〒980-0861 仙台市青葉区川内元支倉34-1
TEL:022-211-2111 FAX:022-221-2115
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/

(取材日 平成27年4月9日)