header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年4月10日金曜日

2015年4月10日金曜日8:00
石野葉穂香です。

風の強い日が続いていた3月下旬~4月上旬。
ようやく大気は穏やかになり、降る光も日ごとに春色を深めています。

二十四節季の「清明」も過ぎて(今年は4月5日でした)、あたたかな南風にのってツバメたちもやって来ました。
海辺の山々が、若葉色に染まり始めるのも、もう間もなくです。

さて、イベントのお知らせです。

毎月、最終日曜日に開催されている南三陸町「福興市」。
今月は4月26日に開催されます。

この大きさ、色、形・・・!もちろん鮮度バツグン!
そのおいしさは、ぜひ「福興市」でお確かめください
月ごとにテーマが変わる「福興市」ですが、46回目となる今月は「志津川湾ホタテまつり福興市」。
先月の「わかめまつり福興市」に引き続き、今回も南三陸らしい海産物が主役です。

三方を山に囲まれた南三陸町。
森に降る雨水は、長い年月をかけて大地に染みて、やがてミネラル豊富な水となって志津川湾や歌津の伊里前湾に注ぎます。
そんな栄養いっぱいの湾で3年以上かけて育てられた南三陸のホタテは、大粒で肉厚で、甘みもたっぷり。

会場では、当日の朝に水揚げされたプリップリの新鮮なホタテを特別価格で大奉仕します。
ちなみに昨年の価格は8枚1000円。
水揚げにもよりますが、今年も漁師価格に近いお値段を予定しているそうです。

甘くて大粒で新鮮なホタテを浜の値段で大奉仕
そして会場には、炭火をおこしたコンロも用意され、買ったばかりのホタテを炭火焼きにして、その場で味わうことができます。
春風にのって会場に漂う、じゅうじゅうとあぶられたホタテの香ばしいにおい。
・・・・・・想像しただけでお腹が鳴りそう。

おしょうゆとか特別な味付けも不要です。
磯の匂いと味をそのままで
また、特設ステージでは、地元有志「ふっこう青年会」の皆さんが「メカブの早食い大会」を開催する予定。
「ごはんを薬味がわりに、召し上がってください」(南三陸町観光協会)。
参加料は無料の予定です。もちろん、飛び入りエントリー可能&大歓迎。

さらにさらに。
会場には多くのお店が並びます。
地元の海産物、野菜、加工品、お酒・・・。
そしてたこ焼き、焼きそば、はっと汁、丼もの、お菓子、スイーツ。
中には県外からおいしいものを届けてくれるお店も。。。

人気者・藤島親方の「踊る焼きそば」(!?)
(平成27年7月撮影)
お腹を空かせて、ぜひお出掛けください。

========================

志津川湾ホタテまつり福興市

■開催日時/平成27年4月26日(日) 9:00~14:00 
■会場/南三陸町総合体育館「ベイサイドアリーナ」前特設会場
■所在地/宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田56
■問い合わせ/電話090-7077-2550(福興市実行委員会事務局)

==============


(取材日 平成27年4月9日)