header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年4月15日水曜日

2015年4月15日水曜日15:00
生きてきた時間の中で、「あの出来事から何日目」などをあまり気にすること多くはありません。
しかし、東日本大震災発生の日から、kaiiは毎日、今日が何日で、震災発生から何日目、何カ月目、何年目と数えています。
東日本大震災は、生涯忘れることのできない出来事のひとつです。

気仙沼市本吉町小泉海岸付近
大津波の被害を受けたJR東日本の架橋
平成27年4月18日で、震災発生から1500日を迎えます。

私たちは、さまざまな視点と感性で、1500日を見つめてきました。
共に復興を見つめて生きる人たちから、未来に向かうメッセージをいただきました。

=====================

気仙沼の高校生は「気仙沼」が好きなんだと思います。

東日本大震災後、気仙沼市にボランティアとして入り、テントで生活をしながら、草取りや瓦礫の撤去作業、ボランティアセンターの運営などをしていた成宮崇史さん。

日本一に高校生の思いを形にできるまち気仙沼」
気仙沼の高校生たちの活動をサポートし続けている
成宮崇史さん

気仙沼市に住所を移し、気仙沼市内を中心に子どもたちの学習支援、高校生の目線で地域の魅力を発信する活動に取り組んでいます。

成宮さんは、「私一人ができることは小さいですが、少しでも多くの若者の思いが形になるようにこれからも全力でがんばります。
気仙沼には新しいものが生み出される大きなエネルギーがあります」と話します。

http://www.sokoage.org/


成宮さんのインタビュー記事はこちらです。
2015年4月19日 日曜日
新たな町の魅力を発信!~東日本大震災から1500日を見つめた人たち~その1(気仙沼市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/04/15001.html

===================

東日本大震災の時、病後の奥さんと高台の中学校へ避難した小野寺良男さん(80)。
「あの状況の中で、妻と2人、無事に生きられた、私の命は『助けられた命』だと思っています」
「私は、『助けられた命』を、多くの人のために役立てたいと思っています」

「人生に誇りをもって生きましょう」と話す
小野寺良男さん


人生に誇りをもって生きていきましょう。
前進!前進!争わず、前を向いて歩くことが大切です。


小野寺さんは、気仙沼市立鹿折中学校の校庭に建つ、「鹿折中学校応急仮設住宅親睦会」の会長を平成23年の入居以降、約4年間務めています。
体調が良い間は続けていきたいと話しています。

=============================
南三陸町で900年の歴史のある上山八幡宮の神職工藤真弓さんは、南三陸町の高齢の女性の一言をきっかけに「南三陸椿ものがたり」を立ち上げました。

平成25年から、「塩害に強い椿をまんなかに置いた、種から始める、ものがたり復興」に取り組んでいます。

南三陸椿ものがたりは、「大津波にも負けなかったツバキの根っこの強さに生き方を倣おう」というものです。


活動開始から3年目を迎えた「南三陸椿ものがたり」
「小さな種をみんなでゆっくりゆっくり育てています」と話す
工藤真弓さん


工藤さんたちは、ツバキの避難路をつくるという大きな目標を軸に、町に昔から自生しているツバキで、できそうなまちづくりを、紙に描き、その物語を実際のものにしてゆくように、町内外の子どもからお年寄りまでが参加できる企画を開催しています。


===================

神戸市から南三陸町に街灯を贈る「神戸ともしびプロジェクト」の副代表を続ける、時井勇樹さん。
時井さんは、定期的に南三陸町、気仙沼市を訪問しています。


昨年秋からは、気仙沼市で活動するNPO法人と協働で、気仙沼の食材を活かした新しい商品作りに取り組んでいます。

「共に歩みましょう。この道を」
宮城県の人たちと、「共に考え、歩みたい」と時井さんは話しています。


「共に歩みましょう この道」を
神戸市から南三陸町に街灯を贈る活動を続ける
ともしびプロジェクト副代表 時井勇樹さん


http://www.kobe-tomoshibi.com/#index-about
===================

東日本大震災後、任意団体「VOARLUZ」を立ち上げ、営農を始めた佐藤春佳さん。
平成27年1月に株式会社「VOARLUZ」を立ち上げ、社長として新しい道を歩み始めました。

「価値をみつける」
カリスマばあちゃんと百姓ガールの挑戦は続きます


カリスマばあちゃんと百姓ガールの手掛ける「Made in大地」の食品と雑貨は人気を集めています。

以前ココロプレスで紹介した記事:http://kokoropress.blogspot.com/2014/05/blog-post_2217.html
平成26年4月15日取材


===================

東日本大震災から1500日。
災害公営住宅の入居が開始され、防災集団移転用地の引渡しが進み、新しい住宅の建設も進んでいます。
全世界からいただいた多くのご支援に感謝し、確実な歩みで前に進んでいくことが恩返しだと思います。

(取材日  平成27年4月14日)