header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年3月2日月曜日

2015年3月2日月曜日12:11
こんにちは、にゃんこです。

第3回国連防災世界会議がいよいよ来週3月14(土)から始まります。

ココロプレスでも何度か紹介してきましたが、防災・減災だけではなく、女性、子ども、高齢者、障害者、動物、地域、世界と多種多様なテーマが登場するのもこの会議の特徴です。

今日はそのパブリック・フォーラム(一般公開)の一つ、建築をテーマにしたシンポジウムのお知らせです。




===========================
「震災とコミュニティと建築」シンポジウム
日時 : 平成27年3月16日(月)13:30~16:00
会場 : せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター
参加無料、要事前申込み

申込締切について
若干空きがあります。先着順で受付ますのでお早めにお申し込みください。

[パネリスト]
妹島和世氏(建築家、SANAA事務所・妹島和世建築設計事務所代表)
アストリッド・クライン氏(建築家、クラインダイサムアーキテクツ代表)
桂英昭氏(建築家、くまもとアートポリスアドバイザー)
[ファシリテーター]
小野田泰明氏(東北大学大学院工学研究科・災害科学国際研究所教授)

◆同時開催◆

「みんなの家」を巡るバスツアー
日時 : 平成27年3月17日(火)9:00~17:00
参加無料、要事前申し込み
※バスツアーのみの申込みは不可

【問い合わせ・申込】
申込はメールにて受け付けています。下記の必要事項を記入し送信してください。
・「シンポジウムに申し込む」または「シンポジウムとバスツアーに申し込む」
・名前(ふりがな)、年齢、性別、職業、会社名・学校名、住所、電話番号
(株)ユーメディア 高橋宛
Mail/n-takahashi@u-media.jp

シンポジウム・バスツアーの開催概要はこちらのHPをご覧ください
http://www.city.sendai.jp/miyagino/news/1216524_2427.html

===========================

皆さんはコミュニティ施設「みんなの家」というものをご存じでしょうか?

震災以降失いつつあるコミュニティ再生のために、みんなで集い、語り合って、安らぐことのできる場を提供したいと、世界的な建築家・伊東豊雄氏らが呼び掛け、被災地支援のために建設された施設です。

仙台市宮城野区や東松島市の宮戸月浜、岩沼市のほか、岩手県の釜石市や陸前高田市など2014年9月までに被災各地に11軒の「みんなの家」が建設。現在も4軒の計画が進んでいるそうです。

「みんなの家」第一号の「宮城野区のみんなの家」。2011年10月完成

今回のシンポジウムでは、「みんなの家」プロジェクトについての意義と人々や町の復興に果たした役割、コミュニティと建築の関係を参加者と一緒に考えていきます。

当日は、伊東氏のインタビュー映像や各地の「みんなの家」の紹介、妹島和世氏、アストリッド・クライン氏らを迎えてのパネルディスカッションなどを行います。
※妹島和世氏:建築界のノーベル賞ともいわれる「プリツカー賞」を受賞した、世界的建築家


土間やキッチン、薪ストーブが「あたたかい家」、移動可能で演劇のステージにも使える「お話と演劇の家」、
掘りごたつのある「テーブルの家」と楽しみがたくさん詰まった東松島市の「こどものみんなの家」

主催者の一人である「宮城野区まちづくり推進課」の柴田さんにメッセージをいただきました。

「『みんなの家』は、伊東氏や妹島氏など建築家の想いと、被災された方々のふるさとへの想い、熊本県や企業などの支援者の想い、震災がなければできなかったコラボレーションで完成したものです。あらためて、建築にできることやコミュニティの大切さについて考えるシンポジウムですので、建築家を志している方、企業のCSRで被災地支援をお考えの方、コミュニティの支援をしている方など、広くご参加ください。
ご参加いただいた方には、仙台市宮城野区の『みんなの家』への想いが詰まったブックレットを差し上げます」

また、シンポジウムの翌日には宮城県内の「みんなの家」を巡るバスツアーも開催!

「みんなの家」の計画に関わった方の解説で、宮城県内5カ所の「みんなの家」を訪問し、利用者の方々のお話を聞き、建物を見学します。
※バスツアーのみの申込みはできません。バスツアーご希望の方は、シンポジウムにも参加をお願いします。

波のような屋根に解放的な造りが特徴の宮古島月浜の「みんなの家」は、
漁師さんの作業の場に

リビングルームと半屋外のテラスを備えた東松島市宮戸島の「みんなの家」。
テラスからは海が望めるんだそう

「岩沼みんなの家 by infocom」では、地元の人たちが生産した
野菜なども販売する直売所としても親しまれています

「岩沼みんなの家 by infocom」での活動について以前ココロプレスでも紹介しています。

===========================
2014年8月7日 木曜日
みんなでつくる「みんなの家」の一周年記念夏祭り!
===========================

国連防災世界会議の期間中は、せんだいメディアテークにてパネル展も開催しています。

建築というキーワードから見る復興とはどういったものなのか。
興味のある方はぜひ参加してみてください。


(取材日 平成27年2月27日)