header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年3月3日火曜日

2015年3月3日火曜日10:02
こんにちは、にゃんこです。

震災から4年目を迎える「3.11」に向けて、また3月14日(土)から行われる「第3回国連防災世界会議」に向けて、県内ではさまざまな催しが開催されます。

3月10日(火)から15日(日)まで仙台市市民活動サポートセンターで開催される「伝える学校の発表会」もその一つです。
今日はこちらのイベントについてご紹介したいと思います。

=====================
伝える学校の発表会

日時 : 2015年3月10日(火)~15日(日)10時~21時 ※最終日は17時まで

会場 : 仙台市市民活動サポートセンター 地下1階市民活動シアター
     (仙台市青葉区一番町4-1-3)

入場無料

【主催】
仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」、防災からまちづくりを考える実行委員会

【お問い合わせ】
仙台市市民局市民協働推進課
TEL.022-214-8002(平日9時~17時)



=====================

仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」は、市民一人ひとりが伝える視点を持って発信していくことを目的に、「仙台市市民局市民協働推進課」が市民団体との協働により2013年9月から進めているプロジェクトです。

「防災意識を維持し続けるためには、私たちが当事者として今回の東日本大震災の経験を忘れず、伝え続けることが重要です。この“伝える”ための視点はさまざまであり、その多様な視点を共有しながら発信し続ける仕組みとして考えたのがこの『伝える学校』です」

と話すのは、仙台市市民局市民協働推進課の田澤紘子さんです。

「今年度は、協働団体がそれぞれの得意分野を活かしたゼミを展開したり、市民参加型プログラム『街からの伝言板』を新しく始めたりなど、市民の皆さんとともに“未来に伝えたいことを残す”ことに取り組んできた1年でした。今回の発表会では、その取り組みの成果をさまざまな形でご報告します」

-----------------------------
発表するのは4団体。
各団体について少しずつご紹介したいと思います。


「一般社団法人MMIX Lab」
既成の芸術の枠組みにとらわれず、アートと地域文化を結ぶ創造的芸術活動を実施。震災以降は「3.11メモリアルプロジェクト」や「桜3.11学校プロジェクト」などを行っています。

今回のイベントでは、東日本大震災復興支援関連の活動記録の展示や、復興支援に関わるアーティストの視点で創造的な後世に伝えるためのプランなどみんなで考えるワークショップを開催します。

現代美術化、一般社団法人まちとアート研究所代表である、門脇篤氏の作品
http://mmix.org/
-----------------------------------

「RE:プロジェクト」
仙台市と公益財団法人仙台市市民文化事業団が主催するプロジェクト。震災により被害が甚大で居住が困難となっている地域を対象に、その地域に根付いてきた暮らしや文化、伝統を地域住民の聞き取りからあぶり出し、可視化する事業に取り組んでいます。

RE:プロジェクトのゼミ「暮らしを見つめる〈聞書き〉講座」で参加者の皆さんが出会ったそれぞれの人の物語を朗読で届ける「小さな物語―市民による聞書きから―」などを開催します。



http://re-project.sblo.jp/
-----------------------------------

「NPO法人20世紀アーカイブ仙台」
古き仙台はどのような街だったのかを市民に伝え、過去とのつながりを実感できるようアーカイブ(記録)化し、後世に引き継ぐことを目的に設立。震災後は、避難所・仮設住宅での上映会「お茶っこサロン」の開催や「3.11市民が撮った震災記録」というウェブサイトを立ち上げています。

「阪神淡路大震災から20年。伝えられてきたこと、伝え続けること」「3.11キヲクのキロク公開サロン」などのほか、仙台市宮城野区蒲生から名取市閖上を訪ねる「3.11オモイデツアー」なども開催します。

2014年10月に開催された第1回「3.11オモイデツアー」の様子

「NPO法人20世紀アーカイブ仙台」の活動はココロプレスでもご紹介しています。

========================
2014年7月10日
塩竈6,000年の歴史を聞く。「第一回塩竈市東日本大震災記録誌ワークショップ
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/07/6000.html

========================

このワークショップで講師を務めた仙台市教育委員会文化財課の木村浩二さんのトークも開催されます。

◆3月11日(水)19:20~20:30
 「かつて仙台平野をおそった震災。その史実から学ぶコト、そして伝えるべきコト。」

http://www.20thcas.or.jp/
-----------------------------------

「街からの伝言板」
市民一人ひとりの震災の体験から「未来に手渡したい知恵」を見つけるためのリサーチプログラム。ライフラインが寸断された中で人々が力を合わせ、知恵を絞ってやりくりした生活、仕事、支援、避難。その工夫や技術の数々をロングインタビューで拾い集めています。

「街の声を聞く―報道と街歩きの間で―」のトークのほか、鳥瞰図(中田匠氏画)と同時進行する成果物の製作経過と、市街地での聞き書きの舞台裏を見ることができるメイキングオブ「街からの伝言板」の展示会も行われます。

鳥瞰図(中田匠氏画)
-----------------------------------

「今回のイベントでは、今年取り組んできた上記4つのゼミと、1つの参加型リサーチ[伝える学校の学級会 3月15日(日)13:30~15:00]の5つのプログラムの成果を発表させていただきます。それぞれのプログラムにおける市民の皆さんの関わり方はさまざまで、市民参加の多様性を見ることができる場になっています」


また、『伝える学校』という枠組みは参加している市民団体と仙台市がともに考えて構築したものであり、“多様な市民参加を担保するための市民協働のあり方”という視点でも、今回の発表会を楽しんでいただけると思います」と田澤さん。

詳細なプログラムについては「伝える学校」HPをご覧ください。
http://311memorial.org/


震災の体験、教訓を次の世代にどう伝えていくか―。
震災以降、この“伝えること、伝え続けていくこと”がさまざまな場面でキーワードとなって登場してきました。

暮らし、地域、歴史、文化、アート…。
伝えることの意味、重要性を多様な視点から学び、考えるとても貴重な機会です。

ぜひ皆さんも一緒に考えてみませんか?


(取材日 平成27年2月25日)