header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年3月17日火曜日

2015年3月17日火曜日8:00
こんにちは、Chocoです。
3月21日に行われる「女川町まちびらき」。
いよいよ今週末と迫ってきました。
ココロプレスのカウントダウン記事も残り2となりました。

さて、今回紹介するのは、温泉施設「ゆぽっぽ」です。
ゆぽっぽは、今も昔も「憩いの場」という空間を大切にしていました。

ーーーーーーーーー
震災前から、地元住民にこよなく愛されてきた温泉施設ゆぽっぽ。
JR女川駅が再開する翌日の3月22日(日)に、営業を再開します。
ゆぽっぽについて、女川町町民課町民生活係主査の小山幸宏さんからお話をお聞きしました。
温泉施設ゆぽっぽは、3月21日に再開するJR女川駅の駅舎の中にあります


もともとJR女川駅に隣接していたゆぽっぽは、和風のたたずまいでした。
震災前のゆぽっ
入り口前には足湯もありました。
                女川温泉ゆぽっぽスタッフ日記(2009.2.3)
「震災前は年間7万人前後が利用していました。
女川町は高齢者が多い町です。
日頃集まる場所がありませんでしたが、温泉施設ゆぽっぽが駅の隣にできました。
そして、多くの人たちが憩いの場として利用していました。
総合運動場を合宿場として利用する学生や国体の選手などにも使われ、とても人気でした」

入浴料金を支払って「外出許可証」を発行してもらえば、一度外出してもその日のうちならば再入場して何度も入浴することができました。

また、町内の飲食店から出前をとったり、お弁当などを持ってきて館内で食べることもできるなど、まさに町民がくつろげるアットホームな温泉施設でした。

しかし、女川駅に隣接していた建物は津波により流出し、閉館。
震災から4年が過ぎた3月22日に、この女川の憩いの場が復活します。

外装の洋風なデザインに合わせて内装も和風から洋風に変わりました。

ヒノキの香りがただよう館内には、新たにタイルの壁画が飾られています。
その制作には、日本画家の千住博さんとデザイナーでイラストレーターの水戸岡鋭治さんが参画しています。
目玉となっているのは、休憩所にある巨大タイル画です。
縦2.7メートル、横10メートルの壁画には、千住さんがデザインした大木とその枝には町内外から集まった917点の花の絵がタイルに写し出されています。
「花の絵は、町内外、子どもから年配の方々までたくさんの人たちがいろいろな想いを乗せて描いてくださっています。
そして、県外から送られてきたものには花の絵だけはなく、メッセージも添えられていました。とてもありがたいです。
そのメッセージも展示したいと思っています」
大木に集まる一つ一つの花には、描き手の想いが込められています。


さらに、浴室には、富士山の絵や鹿の絵などが描かれています。
タイルの色は「海を感じさせる色」である青に統一されています。


憩いの場として地元住民が集まっていた「ゆぽっぽ」は、見た目がガラリと変わりましたが、震災前のような「くつろぎの空間」であることは変わってはいませんでした。
入浴料金も以前と同じで、浴槽、浴室なども以前と同じくらいの広さにしています。
それだけではなく、外出自由、館内飲食の自由も以前とは変わらずに取り入れられています。
ゆっくりと団欒できる空間は、新たな「ゆぽっぽ」でも大切にされていました。


小山さんから再開するゆぽっぽの利用者の皆さんへのメッセージをいただきました。
「震災後、憩いの場がなくなり、みんながバラバラとなってしまいました。
集まる場も集まる足もありませんでした。しかし、女川駅、ゆぽっぽが再開したことで、町民バスを使ったり、歩いてきたりして集まる場ができました。
この場に集まるたびに、少しずつできあがってくる町の姿を見ることを楽しみにしてほしいです」


3月22日、ゆぽっぽが再開します。
3月中は、開業記念として、入湯税(100円)のみで入浴ができます。

さまざまな人たちが想いを込めて描いた花の絵が大木に散りばめられています。
きれいに咲き誇る花と、どっしりと立つ大木の壁画が、皆さんを迎えてくれます。
そして、震災前と同じように使ってほしいという温かな想いと 女川の温泉が、日頃の疲れをいやしてくれます。

ぜひ、入浴しに来てください!

===============
ゆぽっぽ
【利用時間】午前9:00〜午後9:00(最終利用受付は午後8:30)
【料金】1回券 大人(12歳以上) 500円(入湯税100円含む)
         小人(6歳以上12歳未満)300円
    12回券 大人(12歳以上) 5,000円(入湯税1,200円含む)
                       小人(6歳以上12歳未満)3,000円
    ※3月中は、開業記念として入湯税のみで入浴ができます。

    家族風呂 1時間当たり1,000円(入浴券を別途購入)
    温泉販売 一般家庭用 5円/1リットルにつき
         宿泊施設・公衆浴場用 2円/1リットルにつき

===============

(取材日 平成27年3月5日)