header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年2月18日水曜日

2015年2月18日水曜日8:00
石野葉穂香です。

2013年4月から2014年3月までの期間、愛知県豊川市から南三陸町へ派遣職員としてやって来ていた豊川市役所職員の篠原英明さんが、今春、地元の豊川市で南三陸町の写真展を開催します。

写真展開催のDM

場所や連絡先、日時はこちらでご確認ください

篠原さんは、派遣職員として町役場での仕事の傍ら、ボランティア活動にも積極的に参加して、町の多くの方々とも親交を深めました。

2013年11月12日 火曜日
出会いこそ支援。派遣職員大活躍!
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_331.html

また、派遣期間が終わって地元へ帰ったあとも、愛知県東三河地方と南三陸町との交流を取り持ってくださるなど大活躍。
今でも時々、南三陸へボランティアやって来ることもあります。

2014年10月5日 日曜日
人懐っこさが継続力の源 ボランティアチーム『ボーズ』の活躍
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/10/blog-post_5.html

2014年10月12日 日曜日
愛知×宮城 おいしいつながり! 豊川市から大葉のプレゼント
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/10/blog-post_12.html

南三陸町の男の子(篠原さん撮影)
篠原さんはまた、セミプロ級の写真の腕をお持ちです。
南三陸町で過ごした一年間、そして、その後も町を訪ねた際、町に広がる海や山の光、復興工事で変わりゆく風景、そして人々の笑顔を撮影しました。

 昨春、南三陸町の佐藤仁町長が、宮城の河北新報社から『南三陸町長の3年 ~あの日から立ち止まることなく』という本を上梓しましたが、その表紙を飾っているのは、篠原さんが撮影した志津川湾の夜明けの写真です。

2014年3月に発行された
佐藤仁町長の本。
お問い合わせはこちらから ↓
https://kahoku-ss.co.jp/books/978-4-87341-321-1/
さて。
篠原さんの写真展は「南三陸町2011-2015 震災から4年――海と光と笑顔」として、2015年3月3日から同22日まで、愛知県豊川市桜木通にある「coffee & gallery 奈邪(なじゃ)」で開催されます。

お店の場所や、開店時間などは、上のDM写真でご確認ください

店内に掲示される写真は11点ですが、別途、写真集も作って自由に観賞することができるそうです。
南三陸町で撮影された景色と暮らしの風景の「お蔵出し」。
きっとステキな写真にいっぱい出合えるはず。

一般社団法人「つながり」の石田寛道さん(篠原さん撮影)
篠原さんからもコメントを頂きました。

「南三陸町を離れてから早1年です。自分が撮った写真を見てもらうことで、南三陸町を応援できないかと思って、写真展を行う事にしました。
撮影した写真を見返してみると、町の美しい自然や、町の人たちの笑顔が懐かしく、もっと撮影しておけば良かったと後悔もしています。
展示できる写真にも限りがあるので、今回のために写真集として編集したものを用意し、全て出し尽くすつもりです。
ひとりでも多くの人が、東北を、南三陸町を想い、足を運んでほしいと願っています。」

長須賀海岸海水浴場(篠原さん撮影)
三河地方をはじめ愛知県、遠江地方、東海地方にお住まいの方には、ぜひご覧になっていただけたらと思います。

また、できればぜひ、宮城へ、南三陸へおいでください。

そして、実際の海明かり、やさしい浦風、山が迫る南リアスの光彩や、町の皆さんの笑顔や方言などに包まれてみてください。

(取材日 平成27年2月16日)