header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年2月2日月曜日

2015年2月2日月曜日9:16

ザーリャです。

仙台市青葉区にある、霊屋下(おたまやした)地区。
先日ご紹介した「大イチョウ」のある霊屋下第2市営住宅の他に、もう一カ所で復興住宅の建設が進んできました。

仙台藩伊達家の霊廟「瑞鳳殿」の参道沿いに位置する、霊屋下市営住宅(33戸)です。
受け入れ先である霊屋下の皆さんによって、受け入れのための勉強会も積極的に行われてきました。

昨年末の完成を目指して順調に工事が進み、無事に竣工しました。

撮影は平成25年6月、8月、27年1月のものです。

瑞鳳殿への参道。正面の山が伊達政宗の墓所がある経ケ峯です。(平成25年8月)

平成26年6月

平成26年8月
平成27年1月。完成し、皆さんの入居を待つ霊屋下市営住宅。

復興住宅には真新しい住所表示板が。

受け入れ先住民の皆さんは、霊屋下町内会(約620世帯)が中心となって、平成25年10月に「復興公営住宅とまちづくりを考える会」を設立、受け入れに向けた勉強会やワークショップを重ねてきました。

間もなく、新しい皆さんの入居が始まります。

平成26年6月

平成26年8月

「復興公営住宅とまちづくりを考える会」の提案によって、町内2カ所に整備する復興住宅の敷地には、交流のための花壇や菜園、町内会で共用する集会室も作られるそうです。


平成27年1月。
緑が多く、文化財を控える景観に配慮したデザインになっています。

建設中のフェンスに書かれた、観光客へのメッセージ
瑞鳳殿を訪れた観光客の皆さんが、工事現場のメッセージに足を止めていました。

平成26年6月


平成26年8月

平成27年1月。下の「完成予定図」そのままの姿です
完成予定図

仙台市内では、多くの復興住宅が竣工の時期を迎えています。
引き続き、復興の現場の様子をご紹介していきます。

(取材日 平成27年1月29日)