header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年1月29日木曜日

2015年1月29日木曜日8:00
ココロデスクです。

2014年3月。
大凧56枚・小凧約500枚の連凧が、県内5カ所の海辺の空に一斉に揚がりました。
NPO法人みんな一書が開催したイベント、「笑み舞う」です。

今年は3月8日(日)に5連の凧が仙台市井戸浜(若林区)に集まり、一挙に揚がります。

今年は3月8日(日)に、昨年の5会場で揚げられた凧が仙台市井戸浜(若林区)に集まります。
大凧260枚と小凧約3000枚が、一挙に揚がります。

仙台市若林区井戸浜にて(2014年3月9日)
東日本大震災直後の平成23年4月、「“書”で被災地を支援することはできないか」と書人7人が立ち上げた、「NPO法人みんな一書」。書人の思いを“書”や“画”に込めて、被災地へ向けてはエールを、海外も含めた被災地以外の地域には震災を風化させないメッセージを発信してきました。

大凧は全国各地の書家やアーティストから寄せられた作品。小凧は全国の子どもたちから寄せられたものです。
「あの日を忘れない」「震災復興への思い」が込められた連凧が、今年も被災地の空に舞い上がります。

「みんな一書」代表の亀井勤さんは、
「震災5年目となる来年も、『連凧~笑み舞う~』は続けます。来年につなぐために、たくさんの方々の参加をお待ちしています。迫力ある連凧です。昨年見られなかった方も一緒にみんなで盛り上がりましょう」
と語っています。


<昨年もご紹介しました>
2014年3月21日 金曜日
被災地の青空に「笑み舞う」(気仙沼市、石巻市、七ヶ浜町、仙台市、亘理町)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/03/blog-post_21.html

2014年3月23日日曜日
石巻の連凧(石巻市 中瀬)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/03/blog-post_5309.html

「忘れない」「忘れてほしくない!」
全国と宮城の絆の糸に結ばれた3000のメッセージが、仙台の青空に舞いました。
  ~「宮城から感謝をこめて」
https://sites.google.com/site/kanshamiyagi/home/sendai

=======================
連凧~笑み舞う~
  2015年3月8日(日) 13:00~14:00
  若林区藤塚地区(五柱神社付近)

=======================

告知イベントも開催されます。
======================
連凧~笑み舞う~予告イベント
  3月1日(日)   13:00~16:00
  泉中央駅ビル2F(昨年の中継会場と同じ)

<内容>
・小凧ワークショップ
・Atoaの高橋兄弟との 書と和太鼓のコラボレーションパフォーマンス
  http://wadaiko-atoa.com/top.html

・仙台生態系再生コンソーシアムの課外授業(予定)
======================
詳しくは、こちらをどうぞ。

「笑み舞う」smile project
http://smile.dot.jp/
NPO法人みんな一書
http://minna-issho.shojin.net/

(取材日 平成27年1月27日)