header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2015年1月24日土曜日

2015年1月24日土曜日8:46
こんにちは、にゃんこです。

いよいよ「第3回国連防災世界会議」(3月14日~18日)の開催が迫ってきました。

仙台市内では至る所にポスターやフラッグが!


一番町四丁目商店街にもずらり!

青葉通。会議の名称を英語で記したフラッグも

街中や地下鉄でフラッグやポスターを目にした方も多いのではないでしょうか。
3月の開催向けて着々と準備が進んでいます。


昨年11月、国連防災世界会議のプレ企画としてエル・パーク仙台で開催された「女性と防災せんだいフォーラム」
4日間を通して21のプログラムが行われ、参加者数はのべ1,500人に上りました。

開催の模様はこれまでココロプレスでも何度か紹介してきました。

=========================
2014年12月9日 火曜日
防災・減災をゲームで楽しく学ぼう!「防災ゲーム」を体験!
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/12/blog-post_85.html

2014年12月14日 日曜日
手づくりの温かさが伝わる贈り物。「被災地女性たちの手仕事マーケット」
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/12/blog-post_92.html

2014年12月21日 日曜日
女性の視点で考える「みんなのための避難所づくり」
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/12/blog-post_51.html

2015年1月8日 木曜日
ひとり親が抱える問題とは~「震災後のひとり親の現状と課題」~前編
http://kokoropress.blogspot.jp/2015/01/blog-post_8.html

=========================

このフォーラムの最終日、国連防災世界会議に向けて仙台開催実行委員である「特定非営利法人イーコールネット仙台」の代表理事である宗片恵美子さんのスピーチがありました。

「国連防災世界会議は、東日本大震災の経験と教訓をふまえた形の取り組みを世界に向けて発信する、そしてそれぞれの地域の防災力を高め、復興を加速化させるという方針で行われるものでもあります。

震災から4年目という復興途上で開催されることが仙台会議の特徴でもあります。またエル・パーク仙台は女性と防災のテーマ館として、仙台市民活動サポートセンターは市民協働と防災のテーマ館として関連事業の会場となります。市民の言葉で世界に発信していくという市民参加の会議はこれまではなかった形として大変意味深いものだと感じています。

エル・パーク仙台から女性たちがこの震災で何を体験し、何を考えどう行動したのか。それを伝えていくと同時にあらためて今回生じた困難が今後繰り返されないために女性たちが強く立ち上がる、そういう姿も合わせて発信していきたいと思っています」

「特定非営利法人イコールネット仙台」代表理事の宗片恵美子さん。
男女平等社会の実現に向けさまざまな活動を行っています

また、「公益財団法人せんだい男女共同参画財団」の木須八重子理事長

「女性は弱者であり、力のない存在なのかどうか。それよりもむしろあの被災の中で大切な人を見守り、そして多くの皆さまの支えに感謝しながら復興の道を確実に歩んできている、そしてやっと語れるそんな段階に多くの方が達してきていることをこのフォーラムを通じて確かめ合うことができました。

どんな困難な状況の中にあってもまず日常を取り戻すという復元する力、元に戻っていこうとする力は日々営み生まれる生活の中にあり、それを支えている女性たちの力の中にあるんだということをあらためて感じました。

しかし一方でその力が社会の中ではまだ見えいにくいところに置かれているという側面にも気が付きました。

女性の活躍推進がうたわれています。しかし経済の社会だけではなく、こうした地域での重要性、防災での重要性、そうしたことをこのフォーラムの経験を通して見えてきたことをさらに深め、100万人の市民が被災した都市の市民として声を上げ、国連防災世界会議へ向かってほしいと思います」


「特定のテーマを設定して市民フォーラムが開催されるのは、
国連防災世界会議の歴史の中でも初めて。ぜひ成功させたい」と木須理事長

「仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台」の荒井康子さんにもメッセージをいただきました!
 

「第3回国連防災世界会議 エル・パーク仙台 『女性と防災テーマ館』
一緒に発信しましょう!」


震災の経験と教訓を世界に向けて発信するため、また宮城・東北の魅力を知ってもらうための重要なイベントです。

ぜひみんなで一緒に参加しましょう!


(取材日 平成25年11月24日)