header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年12月18日木曜日

2014年12月18日木曜日9:41
こんにちは、Chocoです。

冬は各地でいろんなデザインのイルミネーションが催されて、きらびやかな夜があちらこちらに広がっています。
仙台の並木道がライトアップされるのは毎年恒例となり、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

沿岸部にも、仙台とは一味違うイルミネーションがいくつもあります。
その魅力を紹介していきます。
―――――

その第一弾として今回紹介するのは、こちらです。

「慶長使節団出航400年記念サン・ファン・イルミネーションツリー2014」
石巻市渡波にある宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)で 開催されるイルミネーションです。

昨年の11月に再開館したサン・ファン館にある大きな船。
これは400年前に出航した船、 サン・ファン・バウティスタ号の復元船です。
今回、その船体に約1万球の電球が使われ、イルミネーションに変身します。

============
【開催期間】平成26年12月12日(金)〜平成26年12月31日(水)
【点灯時間】16:30〜20:00
【場  所】宮城県慶長使節団ミュージアム(サン・ファン館)
        石巻市渡波字大森30番地2
【料  金】無料(サン・ファン館 展望棟上部からの観覧のみ)
【備  考】点灯時間中はサン・ファン館への入場はできません。(通常入館時間に準ずる
============
 
通常は、海を背景に船のイルミネーションを鑑賞しますが、より、もっと近くで見たいという人は必読です!

実は期間中の1日だけ、サン・ファン館が夜間特別開館され、船体のイルミネーションを間近で見ることができるんです。
ライトアップされた船体を間近で見ることができ、また違った風景を見ることができます。

=============
サン・ファン館夜間特別開館
【日  時】平成26年12月23日(祝)16:30〜19:30
【料  金】入館料半額(一般350円・高校生以下無料)
    ※延長開館中、シュミレーションシアター及び乗船見学不可
=============
今から400年前、石巻市月浦から出航し、世界中を旅した慶長使節団の船、「サン・ファンバウティスタ号」の復元船は、津波の被害を受けたものの、船体はマストが折れた以外は津波の被害を乗り越えました。
その後、カナダ製材会社ウェスタン・フォレスト・プロダクツ社マスト用の木材が寄付され、船は昨年の秋に復活しました。
—————————————
平成7年からやっているこのイルミネーションは、震災後2度目の開催です。
点灯初日の13日には、たくさんの人たちが見に来ていました。

自然の中で静かに浮かぶサン・ファン号は、とても貫禄がありました。

街中に広がるイルミネーションも良いですが、
大自然に囲まれた中で先人の偉大さを感じることができるサン・ファン・バウンティスタ号の灯。

写真ではお伝えしきれない絶景です!!
ぜひ、実際に見に来てください。

========
宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
http://www.santjuan.or.jp

【年末年始休館のお知らせ】
平成26年12月28日(日)〜平成27年1月4日(日)
※年始は平成27年1月5日(月)より開館します。
 イルミネーションは12月31日まで行われます。
=========

(取材日 平成26年12月12日)