header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年12月9日火曜日

2014年12月9日火曜日13:22
こんにちは、にゃんこです。

11月21日から24日まで4日間にわたり、エル・パーク仙台にて「女性と防災せんだいフォーラム」が開催されました。

来年の3月に仙台市で開催される「第3回国連防災世界会議」のプレ企画として、被災体験やそこから学ぶ防災などの
情報を女性視点で発信。4日間を通して47団体が参加し、21のプログラムが行われました。

開催概要の詳細はこちら。
2014年11月13日 木曜日
被災地の経験とこれからを発信!「女性と防災せんだいフォーラム」
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/11/blog-post_13.html

会場で行われた各プログラムを少しずつご紹介していきたいと思います!

まず私が訪れたのは、ゲームを通じて楽しく防災・減災を学ぶことを伝えている市民活動団体「わしん倶楽部」

代表であり、防災士・減災コーディネーターでもある田中勢子さんにお話をお聞きしました。
「さまざまなゲームや体操などを通じて、子どもから大人までとにかく楽しみながら防災・減災についての理解を深めててもらえればと2009年から活動しています。市民センターや各町内会、学校などで教室を開催し、防災・減災についての知識や心構えなどを伝えています」

--------------------------------
今回私が体験したのは「ぼうさいカルテット みちのく版(歴史編)」というカードゲームです。

代表田中勢子さん(左から2番目)と「わしん倶楽部」会員の皆さん、
私の5人でゲーム開始!

宮城県沖地震や阪神大震災、伊勢湾台風、富士山噴火など、過去に日本で起きた災害の概要や備え、その時代背景が記されたカードを集めて遊ぶというものです。

ルールはトランプゲーム「カルテット」と同じ。なので一つの災害につきカードは4枚。
同じ災害のカードを4枚集めるという遊びです。

カードが全部揃ったら、揃えた人がそのカードに書かれていることを読み、全員でその災害について学びます。

私が集めたのは「阪神大震災」と「東日本大震災」。
東日本大震災のキーワードは、非常食、ブータン国、2011年、津波

「ぼうさいカルテット みちのく版」は私が参加した歴史編のほか、一般編、救急編、生活安全編もあります。

「震災後石巻のイベントに参加した時に、もともとあった『ぼうさいカルテット』を持っていったんです。そしたら次の日あるお子さんに『昨日遊んだゲームをまたやってほしい』と言われて。その時に、今回の震災についても伝承していかなくちゃいけないから新たなものを作ろうと、このみちのく版4種類を作りました。
生活安全編は、『花火は人に向けちゃいけません』といった身近な内容なので、幼稚園くらいの子どもたちでも楽しんでもらえます。しつけにもつながりますね」と田中さん。

--------------------------------
「防災・減災教室」では、「防災ゲームクロスロード」も行っています。
私は今回初めて知ったのですが、全国大会も開かれているのでご存じの方もいらっしゃると思います。

例えば、「あなたは60代の支援者です。マンション10階に住む独り暮らしの車いす利用者に、避難所に連れて行ってほしいと頼まれました。電気も止まり、外は寒い。あなたならどうしますか」という問にイエスかノーで答えるゲームです。
言わば答えのないゲームです。

緊急時に二者択一を迫られたときあなたならどうしますか―?

田中さんからこの問題を聞いたとき、私は何も答えられませんでした。
自分が一人なら無理かもしれない、でも周りに協力してくれそうな人がいたら…。
助けるということも断るということも、瞬時に判断するのはとても難しいことでした。

皆さんはイエス、ノーどちらですか?

--------------------------------
さらにもう一つ、ぜひご紹介したいのが、「歩一歩たいそう(ぽいっぽ)」です。

地震、火事、台風、暴漢などの災害や事故、事件の際の備えについて、歌と体操で学ぶという防災健康体操です。

しかも、歌詞はズーズー弁!
童謡「うさぎとかめ」のメロディに合わせて歌います。

皆さんも歌ってみてください!

地震
もーすも ずすんが おぎだなら
まーずは あだまを まもらいよ
りょうてで あだまを かがえこみ
つぐえの すーたさ もぐりましょう

津波
つーなみ けいほう おどげでね
きんじょの ひーとさ こえかげで
て ことり あってー なんぼでも
たーかい どーこさ にげましょう

暴漢
よのなが なんだか わげわがりん
おそわれ そーに なったなら
はらがらだした でっげいこえでー
たすけてけさいん!
とさげぶんだとー

ひったくり
つかごろ ひったぐり なんだもね
そーどに でだどき きつけらいん
だいずな もーのはー しかっりど
むーねさ かがえで あるがいよ


宮城県以外の方には???かもしれませんね。他県出身の私もたまに??。

もともとは広島県呉市の社会福祉協議会とフィットネスクラブを運営する医療機関が制作したものなんだそうです。
呉弁版を知りたいという方は、呉市社会福祉協議会のHPを見てみてください。

代表の田中勢子さん(写真中央)と「わしん倶楽部」、「WAKKA
の皆さん

「防災・減災教育は暗く、つらいものではありません。『楽しく学ぶ 防災・減災教室』に参加し、明るく防災・減災を学んでみませんか? やってみなければ分かりません!! 一度教室にご参加ください」
(わしん倶楽部 田中勢子、WAKKA塚田昭美)

大雨による土砂災害、噴火、地震と災害が相次ぐ災害大国、日本。
今を生きる私たち、そしてこれからを生きる子どもたちにとって、防災・減災を学ぶことは生きる糧となります。受け身ではなく楽しみながら学ぶことでより深い理解が生まれ、それはいざというときに自分を守る武器になります。

子どもと家族と友達と。皆さんもぜひ「楽しく学ぶ 防災・減災教室」に参加してみてください!


問い合わせ
わしん倶楽部
e-mail sendai.seibou@docomo.ne.jp


---------------------------------
前述で紹介した「防災ゲームクロスロード」の全国大会が開催されます!
神戸、仙台、高知の3会場をネットでつなぐほか、全国10市でクロスロードを同時開催するという大規模イベントです。
興味のある方はぜひ参加してみてください!


1000人のクロスロード2014 in仙台

開催日時 : 2014年12月23日(火・祝) 12時45分~16時45分 開場12時15分
会場 : 仙台市役所8Fホール
参加費 : 無料
定員 : 100名(先着順)
お申込み
下記HPまたは、氏名、所属、連絡先、Eメールアドレスを記載し「わしん倶楽部」宛てにFAXで申し込みを
http://goo.gl/ZD4yQe
FAX.022-268-4042
問い合わせ : わしん倶楽部



「女性と防災せんだいフォーラム」の紹介はまだまだ続きます!
次回をお楽しみに♪

(取材日 平成26年11月23日)