header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年12月20日土曜日

2014年12月20日土曜日8:58
こんにちはエムです。

仙台市若林区の「一般社団法人産直広場ぐるぐる」。こだわりの農家が作る、安心・安全な食材を販売することで、生産者も消費者も同時に支援し続けています。

今までの記事
====================
12月7日日曜日
地域をぐるぐる回って復興支援(仙台市若林区)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/12/blog-post_7.html
====================
12月13日土曜日
「産直広場ぐるぐる」こだわりの農家(仙台市若林区)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/12/blog-post_47.html
====================

「ぐるぐる」が目指すのは、「みんながいつまでも元気で、高齢者もできるだけ人の力を借りずに自立していける。そしてそれぞれが寄り添って助け合える社会になること」。

その理念を生かした活動の一つに、「おたかさんの手づくり手芸の会」の支援があります。

「若林マルシェ」の左が「おたかさんの手づくり手芸の会」の部屋

「おたかさんの手づくり手芸の会」は「若林マルシェ」が開かれる水曜と土曜日に開催されているのクラフト教室です。
早坂君子さんが個人で始めたサークル活動ですが、「ぐるぐる」所有の部屋を活動の拠点にと、無料で提供してもらっています。

「おたかさん」とは、早坂さんの姉のたか子さんのこと。


仙台市若林区井戸浜で専業農家を営んでいた鈴木たか子さんは、東日本大震災で家や畑など、その全てを一瞬にして失いました。

仮設住宅に住んでいた鈴木さんが、あまりにも元気を失くし、しょんぼりしているのを見かねた早坂さんは、自分が趣味でやっていた手仕事を一緒にやろうと誘いました。
初めはあまり乗り気ではなかった鈴木さんでしたが、完成したものを手にすると、気持ちが変わったのだそうです。

鈴木たか子さん(右)に教える早坂君子さん。
この日は吊るし雛に使うカザグルマを作っています

「おたかさんの手づくり手芸の会」は、早坂さんが姉の鈴木さんを励ますために始めたものだったのです。

鈴木さんは自分が作ったものを、お世話になった人にあげるようになりました。
すると、「自分も作りたい」という人が現れ、メンバーが増えていきました。

自宅で教えていた早坂さんは、もっと広い場所がないかと探していたとき、「ぐるぐる」理事の森曉美さんや山田義之さんと知り合いだったこともあり、そのつながりで部屋を提供してもらえることになったのだそうです。

近隣から歩いて来る方や若林区沖野や名取市からバスで通っている方も

「針を持ってる間は他のことを忘れられる……」と、この活動は口コミでどんどん広がり、現在メンバーは20人を超えています。

出来上がるのが楽しみです

「みんなで一緒にこうしてワイワイしながらできるし、ぐるぐるさんには支援だということで無料で場所を提供してもらったり、お茶も出してもらえて助かっています。ここには針と糸が好きな人が集まっています。
私は先生でも何でもなくあくまでも趣味。好きが高じてこういった形になっているだけです」

そう語る早坂さんですが、その人柄と教え方に、大勢の人が集まる理由をうかがい知ることができました。

「吊るし雛」1つ1つに意味があり、願いが込められています

この教室で作っている作品は、販売はしていません。
だからこそ、自分で楽しむための、心休まる時間を過ごせるように感じました。

おくるみ人形
「ぐるぐる」の山田さんは言います。

「これも復興支援の一貫だと考えています。ここでも別の仮設住宅や町内会同士の交流が生まれ、意見や情報交換の場になっているんです」

「ぐるぐる」に野菜を求めて、また、クラフト教室に通う等の目的で集まる皆さん。
集まった人同士はもちろん、山田さんや他の「ぐるぐる」のメンバーともまるで家族のように触れ合う姿はこちらも元気をいただけました。

大変な出来事があり、大変な思いをした皆さんが、「ぐるぐる」に集まるうちに少しづつ元気になり、今は前を向いて生きている……そんなことが感じられる、印象に残る取材でした。


★ 問い合わせ
一般社団法人  産直広場ぐるぐる
仙台市若林区若林3-1-18 若林ハイツ105
電話:080-1692-4633
santyokuhiroba_guruguru@yahoo.co.jp
http://santyokuhirobaguru.wix.com/guruguru

(取材日 平成26年11月12日)