header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年11月2日日曜日

2014年11月2日日曜日9:02
朝晩肌寒く感じるようになりましたね。
1ヵ月止まらない鼻水に悩まされたにゃんこです。
今年の風邪は長引くようなので、皆さんも気を付けてください!

さて先日、以前ココロプレスでご紹介した「石巻きたかみ交流うまいもの市」にまたまた
お邪魔してきました!

2014年9月4日 木曜日
各地のうまいもんが集結!石巻きたかみ交流うまいもの市 
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html

今回は天気にも恵まれ、見事な秋晴れ♪


前回お邪魔した際に、ご家庭の事情で急遽出店できなかった、石巻市北上町の「海産工房ささき」佐々木克彦さんにお会いしてきました。

佐々木さんは、この「石巻きたかみ交流うまいもの市」の会長を務めていらっしゃいます。

「この交流市は北上地区の他にも大崎地区や山形の物産者の方も出店されています。そいう意味では特色はないかもしれないけれど、この交流市には海産物に野菜や果物、加工品にお菓子までいろんなものが揃います。『ここに来れば何でもある』とお客さんにも楽しんでもらえると思います」

台風後でおでかけ熱が高まったのかこの日は、大勢の人が訪れていました

「海産工房ささき」の名物は、漁師である佐々木さんが捕った石巻市十三浜のワカメやコンブ。取材当日も行列ができるほどでした!


そしてもう一つの名物がこちら!

お邪魔した時にはすでにほぼ完売状態!
B-1グランプリで今や知名度が全国区に広がった「石巻焼きそば」
佐々木さんは「石巻茶色い焼きそばアカデミー」の会員でもあります。
「まだ食べたことがない!」という方はもちろん、「大好きだ~!」という方もぜひ食べにいらしてください。

震災時、佐々木さんのご自宅は高台にあるため津波からはなんとか逃れることができたそうです。でも、それまで行っていた産業イベントはもちろんすべて中止。

当時「石巻市北上地域物産振興協会」の会長(現在は顧問)を努めていらした佐々木さん。

「あの時は町自体もそれどころではなかった。でも他の地域では少しずつ動き始めているのに、北上町は何も動かなくていいんだろうか・・・。このままだと取り残されるんじゃないかと思ったんだ」

そこで、佐々木さんが中心となり2012年12月23日、北上中学校で「復興市絆感謝祭」を開催。
これが復活の第一歩となりました。

「ワカメやコンブなどはほぼ震災前の状態まで戻ってきました。でも今は風評被害の影響が大きく販売がなかなか伸びない。十三浜の海藻は安全なので安心して皆さんに食べてほしいですね」

「そろそろお腹がすいたなぁ」と思っていたら、佐々木さんのお店の向かいから何やらいい香りが!その香りにつられて・・・・


「十三浜のホタテは肉厚で甘みがあるのが特徴なんだよ。あるお客さんに『砂糖でもかけてるの!?』って言われたくらいだよ」

と笑顔で話すのは、同じく石巻市北上町の「ヤマニシ西條水産」の西條幣夫さん。
香ばしい香りのもとは「串焼きホタテ」(1本300円)。

大きなホタテが2つも入った「ホタテ汁」(300円)も人気。
弾力のある歯ごたえも魅力。ワカメのトッピングは好きなだけどうぞ!
西條さんも十三浜の漁師さんです。

「海の中はまだまだガレキだらけだ。網が壊れるんじゃないかって、漁の時は手探り状態。ここは壊れなかったから大丈夫だとか、網が壊れない漁場を探しながら漁をしているんだ。

ホタテは今は震災前の3分の1くらいかな。風評被害の影響で東北っていうだけで売れないんだ。売れないと作り甲斐もないよね」

実は取材日の前日の10月14日、福島第一原発2号機東側にある井戸から採取された地下水から、過去最高のセシウム濃度が検出されたとの報道があったばかり。
そのニュースを聞いて、佐々木さんも西條さんも落胆したと言います。

「いつまでもずるずると収束しない。風評被害が収まらなければ3年たっても、4年たっても何も変わらない。安心・安全だと伝わってくれるといいんだけど。一日でも早く収まって前のように安心して買ってもらいたい」と西條さん。



十三浜の海藻やホタテは、質が高くおいしいと全国的にも有名な逸品です。
もちろんお店に並ぶのは安全確認がされたものだけです。
ぜひこの旨さをたくさんの方に味わっていただけるとうれしいです。

次の開催は、11月17日(月)
こちらで今年の開催は最後になります。
ぜひみなさん足を運んでみてくださいね♪


(取材日 平成26年10月15日)