header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年9月4日木曜日

2014年9月4日木曜日6:51
こんにちは、にゃんこです。

仙台市の中心部に位置する勾当台公園市民広場で、
毎月「石巻きたかみ交流うまいもの市」が開催されているのをご存じですか

石巻市北上地区の地場産品をたくさんの方に知ってほしいと、7年前の平成19年から開催されています。
4月~11月(12月~3月までは休み)まで月に1度開催されているので、足を運んだことのある方も多いのではないでしょうか。

うまいもの市と聞いて、食べることが大好物のにゃんこが行かないわけにはいきません!
ということで、8月26日、27日に開催された「石巻市きたかみ交流うまもいもの市」にお邪魔してきました♪

今回は両日とも、前日までの暑さが嘘のように最高気温は20度ちょっと。そして時折雨が降る中での開催となりました。

今回の出店数は、約20店舗。

開催当時から出店しているという、石巻市北上町「米工房 大内産業」の大内弘さんにお話を伺いました。

「当初は石巻北上地区の物産者で行っていたのですが、震災の影響で5店舗が出店できなくなってしまいました。そこで他の『市』で知り合って以前から交流のあった大崎地区、そして山形の物産者の方にも声を掛けて今年からみんなで出店することになったんです」

北上町の特産「ヨシ(葦)」を腐葉土にして栽培された大内さん自慢の「ヨシ腐葉土米」。
「米にハリとツヤがあり、味がいい!」と大内さん
ここにいる方々はこの「石巻市きたかみ交流うまいもの市」だけではなく、大崎地区や山形などで開催される「市」にも出店するなど交流を深めているようです。

こちらは、日本有数のワカメの漁場として有名な「十三浜」で獲れたワカメやコンブを販売する「遠藤水産」の遠藤さん。

奥様のすえ子さんは塩の抜き方や
結び方のコツも教えてくれます!
「十三浜は波が荒い外洋に面しているんです。北上川の河口に位置していて栄養のある水が入ってくるから、ここで育つ海藻はコシがあるんだよ」とご主人の俊郎さん。
「震災の時は船も工場もすべて流されてしまった。何もかも失って辞めようかとも思ったけど、船を貸してくれるって方がいて再開することにしたんです。ワカメやコンブは半年でできるので、次の年にはなんとか収穫できました。6割くらいだったけどそれでもうれしかった。今は8割くらいかな。陸地は大分片付いてきたけど、海の中はまだまだ瓦礫がいっぱいだよ」
「全国からたくさんのボランティアが助けに来てくれた。無くしたものもたくさんあるけど、たくさんの出会いもあった」とご主人。

同じく十三浜でワカメやコンブを販売する「遠藤商店」さん。
私も実は今回初めていただきましたが、しっかりした歯ごたえとそのうまさに感動! 
そしてにゃんこは気づいた!「遠藤商店」さん、「遠藤水産」さんの奥様方のお肌のツルツルなこと!
もしかして…。いっぱい食べなくちゃ!

山形県東根市で山形わさび「雪芭蕉」を栽培する「大富農産」の櫻井さん。

本わさびはなんと午前中で売り切れ!そばや酒粕漬など加工品もおすすめ

山形市小姓町で、山菜鍋など季節の料理を提供する「瑞穂」を営む佐藤さんご夫婦。
「うちは山形だけど、このうまいもの市に出させてもらったり、逆に山形に来てもらったり、今度は栗原にも行く予定。こうやってお客さんだったり出店者の仲間だったり、毎回いろんな人と出会えるのが楽しみ」というご主人の次夫さん。
「山菜やキノコなど山形の食材を使用した季節の鍋を提供しています。
ぜひ食べにいらしてください!」と奥様の育子さん。

提供する山菜は夫婦二人で山へ行って採ったもの。一季節約150kgもの
ワラビを収穫するんだとか!

山形市蔵王で地場の新鮮野菜を販売する「井上商店」の井上さん。
「5~10月の毎週日曜日、午前6時~8時まで、まるごと市を開催している
ので、蔵王温泉に来たらぜひ立ち寄ってください!」

こちらは、大崎市栗原の「三浦こんにゃく店」の三浦さん。
原料の生芋から栽培するという昔ながらの手づくりこんにゃくが人気です!
「石巻や山形の方とみんなで一緒に出店できることがうれしい」と文夫さん。
中までしっかり味がしみ込んだ自慢の玉こんもぜひ♪

仙台市からは、手摘みのブルーベリーを使った「ブルーベリー生ジャム」が人気の「ブルーベリーShopイシカワ」さん
甘さを控えたやさしい味わいの手づくりジャムはファンも多数。
冷凍ブルーベリーもおすすめ!
「ジャムはどこで購入できるんですか?」とご主人の石川さんにお聞きしたところ、

「うちのジャムは無添加だから、お客さんの顔の見えるところでしか売ることができないの。食べたい!という方は、毎月8日のお薬師さん(陸奥国分寺薬師堂)の手づくり市、毎月13日の大満寺、毎月25日の天神様でみんなの市、毎月第3日曜の秋保あがらいん湯ったり市、毎月28日新寺のこみち市に来てください!」とのことでした。

いろんな場所に出現するようなので、元気でおちゃめな石川さんに会いにぜひお出掛けしてみてくださいね。

この他にも、まだまだたくさんのお店が出店されています♪

今年(2014年)のスケジュールはこちら!
=================================
石巻きたかみ交流うまいもの市
日時 : 9月19日(金)
     10月15日(水)・16日(木)、
     11月17日(月) 
     各10:00~15:00
会場 : 勾当台公園 市民広場
※悪天候の場合は中止になります


=================================
暑さも和らいでお散歩にもいい季節になってきました。
各地のうまいもんと笑顔の素敵なおじちゃん、おばちゃん、いやお姉さん!?がお待ちしています!

ぜひ足を運んでみてくださいね♪


(取材日 平成26年8月26日、27日)