header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年8月1日金曜日

2014年8月1日金曜日9:53
kaiiです。
平成26年4月8日、気仙沼市の景勝地「岩井崎」の入口から北に1kmほどの長磯船原に天然石の店「Crearth(クリアース)」をオープンさせた鈴木英樹さんはネコと天然石のある癒しの空間を提供しています。



お店の中には、約100種類ほどの天然石と天然石を材料にして作られたペンダントヘットやブレスレッドなどのアクセサリーが並べられています。

店にはたくさんの種類の天然石が並んでいます

部屋の中には3匹のネコが飼われています。
ネコたちの動きがのんびりした時間を演出しています。



鈴木さんは平成25年6月に気仙沼に帰郷しました。
震災で変わってしまった故郷気仙沼の様子を見て、震災で心に傷を負ってしまった人たちの心を癒す仕事がしたいと考え、「パワーストーンセラピスト」の資格を取得し、困っている多くの人の心に寄り添っています。

天然石を使って作られたブレスレッド



===============================

鈴木さんは震災前は、仙台市で冠婚葬祭の仕事をしていました。
サラリーマンとして働いていた時にメンタルの病気を発症し、働くことができなくなりました。
この病気との時間が自分の人生の転機になったと鈴木さんは話します。

治療に専念し、発症から2年後に鈴木さんは冠婚葬祭の仕事に復帰しました。
その直後、東日本大震災が発生し、亡くなられた方のご遺体のケアなどに当たりましたが、それをきっかけに、回復していたメンタルの病気が再発し、治療生活に戻りました。

治療を支えてくれた奥さんからプレゼントされた「クリソプレーズ」という天然石との出会いと、物づくりの好きな奥さんの影響もあり、天然石の店「Crearth(クリアース)」を開店したと話します。

現在は国道から少し入った場所で営業をしていますが、いつかもう少し人目につく場所に店を構え、五感と心(ハート)に訴える独自性のある店の運営をしたいという目標を、鈴木さんは持っています。

独自性のある店の運営をしたいと夢を話す
鈴木英樹さん


震災はたくさんの人の心にさまざまなダメージを与えました。そのケアが急務になっています。
メンタルの回復を早めるのは寄り添う優しさがそばにあり、安心できることだと鈴木さんのお話しを聞いてあらためて考えました

(取材日 平成26年7月7日)