header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年7月22日火曜日

2014年7月22日火曜日8:00
kaiiです。
梅雨明けが待ち遠しいですね。
気仙沼は魚で有名なだけでなく、きれいな星空が見える町としても全国的に有名です。
梅雨明けが明けてきれいな夏の星空が観られることを心待ちにしています。

夏休みを利用して気仙沼を訪れてみようと考えている方も多いと思います。
気仙沼駅前を発着点に気仙沼市内を巡回する「市内観光巡回バス」で、カツオの水揚げが本格化し活気づく気仙沼魚市場や再開した「海の市」、内湾地区、被災の酷かった鹿折地区や南気仙沼地区の復興の様子を見て感じてみてはいかがでしょうか?




気仙沼駅から徒歩1分ほどのところにある「気仙沼駅前」バス停から出発です。




料金は全区間均一、 大人100円 小学生50円 です。




気仙沼駅に降りた人にくつろぎの時間とこだわりのコーヒーを提供する「Sea Candle Coffee」の前を通過し、気仙沼市役所のある旧市内へとバスは進みます。

駅からほど近い場所に気仙沼消防署南町出張所の移築工事が進められています
気仙沼湾の近く、南町にあった気仙沼消防署南町出張所は、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けました。その庁舎の代わりになる新庁舎の移築工事が気仙沼湾から直線で2kmほど離れた気仙沼市古町で進められています。


震災から3年が建っても津波の痕跡が残る建物もあります

途中、市内各所でバスの音声ガイドが津波の高さなどを説明します。


バスは内湾地域へと進んできました。



魚町の仮設商店街には以前ココロプレスで紹介した小野寺商店のたいやきの店があり、この日もお客さんがたくさん来ていました。


2013年9月6日 金曜日
「タイヤキ オイシイデスネ」(気仙沼市魚町)
http://kokoropress.blogspot.com/2013/09/blog-post_8093.html




魚町地区の中にはまだ、建物の基礎が残っている場所があります。


気仙沼湾にはたくさんの船が停泊しています。




かさ上げ工事のため移築される「鹿折復幸マルシェ」の、新しい仮設店舗の工事が進められています。



津波火災で被害を受けた気仙沼湾の北側の鹿折地域も、かさ上げ工事が進められています。
震災前、この地域で水産加工をしていた会社が、元の場所での再開に向けて工場の新築工事を始めています。




バスは平成26年4月19日(土)から11月30日(日)まで、土日と祝日に運行されます。
夏休み期間中の平成26年7月28日から8月22日までは、毎日運行されています。

=========================
巡回バスでの旅は後編に続きます。
なかなか気仙沼までお越しになれない方にも少しでも、気仙沼の「復興している様子」を感じていただければと思います。


市内観光巡回バスお問い合わせ先
気仙沼観光コンベンション協会 TEL.0226-22-4560
ミヤコ−バス気仙沼営業所 TEL.0226-22-7163

(取材日 平成26年6月15日)