header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年6月20日金曜日

2014年6月20日金曜日17:00
こんにちは、にゃんこです。

いよいよ今年もやってきました!
子どもから大人までみんなが心待ちにしていたあのシーズンの到来です。

そう、夏と言えば海! 夏レジャーの定番、海水浴です!
水着、浮き輪、ゴーグル、パラソル、スイカ…皆さん準備はOKですか?

私はまずはダイエット…。もう遅いか。
内陸育ちの私にとって、海は遠い憧れの存在でした。
石巻に移り住んだ時、こんなにも海が身近にあるのかととても感動したことを覚えています。
そして、待ちに待った海!
初めて地元の友達が連れて行ってくれた場所は、遊泳禁止でした…。
皆さんはちゃんと海開きをしている海岸で泳いでくださいね。

ということで、宮城県内の海開き情報をお届けしたいと思います。
今年は県内6つ(予定)の海水浴場が海開きを行います。
今回は、塩竈市にある2つの海水浴場をご紹介します!


ぜひ家族と友達と、宮城ならではの美しい海を満喫してくださいね!


====================================
■宮城県海開き情報  
  詳細は各施設にお問い合わせください。
====================================

☆桂島海水浴場(塩竈市浦戸桂島)今年初オープン!
◆海開き/7月2日(水)
◆遊泳期間・時間/7月19日(土)~8月17日(日) 9:00~16:00
◆施設設備
 シャワー室/○(有料)
 更衣室/○(男女)
 トイレ/○
 海の家/○

「震災後4年ぶりの再会となりました。ゆったりとした時間の流れる離島での海水浴をぜひお楽しみください!」
(塩竈市観光交流課・伊藤さん)


◆お問い合わせ
塩竈観光物産案内所
022-362-2525
http://kankoubussan.shiogama.miyagi.jp/

震災後初となる今年は約100mの砂浜を解放。泳いだ後は
ぜひ浦戸諸島観光を!ここならではの“島じかん”を満喫しよう



☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒

☆マイビーチ鬼ヶ浜(塩竈市浦戸桂島)
◆海開き/7月20日(日)10:00~
◆遊園期間・時間/7月20日(日)~8月31日(日)10:00~16:00
◆施設設備
 シャワー室/○(無料)
 更衣室/○
 トイレ/○
 海の家/○(軽食、おつまみ、飲み物、カキ氷など)

「周りが岩礁に覆われた風光明媚な場所で、波も穏やかできれいな砂浜です。『マイビーチ鬼ヶ浜』は、(社)浦戸夢の愛ランドが中心になり、全国のボランティアの協力によって整備した手作りの海水浴場です。そこで『マイビーチ鬼ヶ浜』と命名しました。『私のマイビーチ』、『あなたのマイビーチ』としてご利用いただければうれしいです」
(海水浴場「マイビーチ鬼ヶ浜」海開き実行委員会・三浦さん)


◆お問い合わせ
(社)浦戸夢の愛ランド
090-4880-6896
http://xn--u9j3jldsby687a68j60bf43b.com/

地元、全国のボランティアの方々の協力により昨年オープン。
自慢のマイビーチで素敵な夏のひとときを♪

---------------------------------------------------------------------------------
毎年海水浴場のオープンを知らせるニュースも増え、海は徐々に戻りつつあります。

今年、震災後初のオープンとなる「桂島海水浴場」をはじめ、海開きに至るまでには、それぞれに長い長い道のりがありました。
砂浜や海底のガレキの撤去、砂浜の清掃、安全面の確保など…言葉で言うのは簡単ですが、何年もの時間と人を費やし、やっとここまでたどり着いたのです。

これは「地元の海で泳ぎたい」、「地元の海を取り戻したい」という地元の方々、そして、全国、世界各地から支援に来てくださったボランティアの方々の強い想いがあったからこそです。

みんなの願いがかなってやっとオープンできた大切な大切な場所です。

その笑顔を絶やさぬように、「無理な遊泳はしない」「ゴミは指定の場所へ、または持ち帰る」などルールを守り、みんなが安全で快適に過ごせるようご協力をお願いします。
震災前より規模を縮小した海水浴場もありますので、一人ひとりの思いやりが楽しい海水浴場を作ります。


この夏は、ぜひ宮城の海に遊びにきてください!

(にゃんこ)