header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年6月11日水曜日

2014年6月11日水曜日22:33
kaiiです。

気仙沼市を流れる神山川沿いにある「気仙沼さかなの駅」は、国道45号線気仙沼バイパスから車で5分ほどのところにあります。
店内には、新鮮な魚介類だけでなく、精肉、野菜などの生鮮食料品と、地酒を中心とした酒類が並べられています。

気仙沼バイパスから車で5分の場所にある「気仙沼さかなの駅」


「気仙沼さかなの駅」のマネージャー・尾形誠さんは、「さかなの駅は気仙沼の元気と市民の台所です。多くの皆さんに利用していただき気仙沼のおいしいものを体感してほしいです」と話します。

そんな「気仙沼さかなの駅」で6月~9月の夏季限定で行われるイベントをご紹介します。
その名も「夜市(よいち)」。
毎月第4土曜日の午後4時から午後8時まで開かれます。
さかなの駅の構内の店舗は開催当日は、通常の午後6時で閉店し、店外でのイベントを盛り上げます。

=================
気仙沼さかなの駅「夜市」


さまざまな企画が準備されています。多くの皆さんのご参加をお待ちしています


開催日時:平成26年6月28日(土)午後4時~午後8時
開催場所:「気仙沼さかなの駅」駐車場
       宮城県気仙沼市田中前2-12-3
       電話: 0226-21-1231


イベント内容:九条打ちばやし 午後5時から
        よさこい踊り共演 午後6時から

         (参加チーム)気仙沼市唐桑町 祭や
                  一関市室根町  桜室連
                  一関市      夢限大
出店の他、
午後5時30分から、子どもたちが参加できる「紙飛行機飛ばし大会」も企画されています。

*出店では気仙沼魚市場に水揚げされた季節の魚介類の海鮮焼きなどが楽しめます。

*駐車場は「気仙沼さかなの駅」周辺に数カ所準備されます。

===================

次回以降の「夜市」の開催予定日

7月26日(土)・8月23日(土)・9月27日(土)

内容は各回ごとに変わりますので、事前に「気仙沼さかなの駅」フェイスブックでご確認ください。

フェイスブックリンク先https://www.facebook.com/sakananoeki

ホームページリンクhttp://sakananoeki.com/ (現在工事中です)


===================

「夜市」は気仙沼の元気を「さかなの駅」から発信したいと企画されたイベントです。
楽しく参加できる構成になっています。


「気仙沼さかなの駅」は市民の台所として成長したいと話す
気仙沼さかなの駅のマネージャー尾形誠さん
(平成26年5月30日撮影)


「震災後少なくなった、『おまつり』の雰囲気を多くの方に参加して楽しんでほしいです。市民の皆さんにさかなの駅に足を運んでいただくことで、今以上に皆さんにかわいがられ、気仙沼市民の台所として、さかなの駅も地域といっしょに成長していきたいです」と尾形さんは話します。


====================

「気仙沼さかなの駅」の構内には新鮮な魚はもちろんですが、たくさんの食材が並んでいます。
さかなの駅はお店の人と話せる対面販売が商売の強みです。魚のさばき方やおいしい食べ方、季節の食材やおいしい地酒についてなど、お店の方から直接聞いてください。

=====================

さかなの駅では「夜市」の他に、毎週木曜日には「もくもくタイムセール」を開催しています。
午前11時と午後3時から、各店舗の販売者さんたちがMCを務めています。


毎週末行われている「金土日生鮮旨市」の広告
新鮮な食品が格安で販売されています
(平成26年5月30日撮影)

週末の金曜日・土曜日・日曜日にも「金土日生鮮旨いもの市」を開店から閉店まで開催し、旬の生鮮食品を格安で販売しています。
===================

初カツオが入荷したら「初がつお大市」なども企画されています。大市ではカツオが格安で販売されます。毎年、大人気の企画になっています。

今年はカツオの水揚げが例年より遅れています。
「初がつお大市」についてはフェイスブックをこまめにチェックして下さい。

=================

尾形さんと話しながら、多くの方に気仙沼の新鮮でおいしい季節の食材と地酒のうまさを楽しんでほしいとがんばる多くの人の思いを感じることができました。

「ガンバロー気仙沼!ガンバロー宮城!」


(取材日 平成26年5月30日)