header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年6月13日金曜日

2014年6月13日金曜日23:30
こんにちは、にゃんこです。

以前ココロプレスでも何度か活動内容を紹介した特定非営利活動法人「おもいでかえる」さん。
2011年12月より、震災の津波で流失したがれきの中から見つけた写真や思い出の品々を洗浄して、
持ち主の元へ返却する活動を続けています。


今回は写真洗浄をお手伝いいただけるボランティアを募集されていることを聞き、
現状の活動状況も含め理事長の野瀬香織さんにお話を伺いました。


「おもいでかえる」の活動場所は仙台ですが、昨年から生活の拠点を愛知県に移している野瀬さんは、
現地のボランティアスタッフとともに愛知県内でも活動しています。


愛知では地元のママサークルの方々がお手伝い


「この活動を通して多くの人々とのつながりができました。同じく写真の洗浄を行う全国の団体の皆さんとはもう2年のお付き合いになり、一番つらい時間を共有してきました。他にもさまざまな支援団体の方といろいろな想いを分かち合うことで、震災後の自分自身の精神状態を保ってこられたと思います」


それでも活動を始めてから約3年。
野瀬さんはこのまま活動を続けて行くべきかどうかずいぶん悩んだといいます。

「長期的に活動する必要があるかどうかというところから、ずいぶん悩みました。そもそも現在残っている写真は必要とされているのか? というニーズの把握がうまくできていないのが現状です。まだ引き取られていない写真の持ち主が、今どんなお気持ちなのかは想像するしかありません。写真の価値というのは一人ひとり違いますから。
ただ、もしまだ気持ちの整理ができていなかったり、生活再建の途中だったりするために探しに来られる気持ちが湧かない方が一人でもいらっしゃるのなら、返すことができる可能性を奪ってはいけないと思い、もう少し続けようという結論に至りました」


ただ、継続するためには、場所や人、資金とさまざまな問題をクリアしなければなりません。
まず必要なことは、活動の進行にも影響してくるという基盤作りです。

「その第一歩として今年3月、市民団体から特定非営利活動法人にしました。法人化したからといってもちろんすぐに問題が解決するわけではありませんが、皆さんからの信頼をより多く得ることができるのではないかと思います。また法人化したことにより活動範囲を全国に広げ、今後起こりうる災害において当団体の経験を生かしていければと考えています」




津波でひどい損傷を受けてしまった写真の洗浄はとても繊細で、そしてとても根気のいる作業です。
それでも“世界に1枚しかない思い出の写真を持ち主の元へ返したい”という強い信念を持って、一枚一枚丁寧に、丁寧に作業を続けてきました。
ここ2年間の活動では、約28万枚もの写真を修復し、11万枚もの写真を返却したそうです。
それでもまだまだ膨大な数の量が残っています。

展示会も開催。「今後の展示会の予定はまだ未定なので、
決まったらHPや仙台市政だよりなどでお知らせします」


持ち主が不明の写真のほかにも、自分で拾ったものや自宅が浸水して被害にあったものなど
をきれいにしてほしいという依頼もあるそうです。

“一日でも早く、一枚でも多く持ち主の手に返したい”

作業はまだまだ続きます。
この野瀬さんたちの想いを繋いでいただけるボランティアをお待ちしています。

=================================
ボランティア募集情報  
※活動内容の詳細や参加費用、お申込みなどの詳細は各HPよりご確認ください。
=================================
■【大切な思い出がよみがえりますように】写真洗浄のボランティア

活動場所/仙台または愛知
活動日時/基本は木~土曜の10:00~16:00
募集人数/新規の方は各5名程度。継続の方は特に制限なし
応募締切日/各活動日の3日前まで
参加費/なし
活動内容/写真洗浄
主催者の方よりメッセージ
 「これまでボランティアをしたことがない方も、ご興味があればぜひ一度お越しください。
 特に宮城県内、仙台市内の方に細く長く関わっていただくことが、これからの復興に
 向けて必要なことと考えています。また、県外の皆さんにはこの活動を全国に広げてもらい、
 今後起こりうる災害時に役立てていただければうれしいです」
 (理事長 野瀬香織さん)


◆問い合わせ先
特定非営利活動法人おもいでかえる
http://www.omoide-kaeru.com/

------------------------------------------------------------------

これまでの記事はこちら
・思い出を持ち主の手に~おもいでかえる~(仙台市荒浜)
2012年12月23日
http://kokoropress.blogspot.jp/2012/12/blog-post_23.html

・「ふるさと」の今、届けます(仙台市)
2013年2月24日
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/02/blog-post_9652.html

・継続する力~思い出がよみがえる 津波流失写真展示会(仙台市宮城野区)
2012年10月9日
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/10/blog-post_9.html


(にゃんこ)