header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年6月7日土曜日

2014年6月7日土曜日23:30
こんにちは、Chocoです。
今月のココロプレスのホームの写真いかがですか。

あの絶景は、ぜひ肉眼で見てほしい!!
ということで、今回はホームの写真を撮った場所を紹介します。


 宮城県道220号牡鹿半島公園線(通称:コバルトライン)は、女川町と石巻市鮎川浜を結ぶ約34キロメートルの県道です。

東日本大震災の影響で、路面の亀裂やのり面の崩落などが起こり、段階的に復旧工事は行われていたものの、同年9月に台風15号、昨年夏の豪雨により更なる被災を受け、工事は延長を余儀なくされてきました。

しかし、多くの災害にも負けじと進められた復旧工事のおかげで、今年の4月30日にコバルトラインが全面開通しました。
それに伴い震災の影響で通行止めとなった周囲の137カ所の県道も,
全て通行可能となったのです。
「待ってました!!」
と伝わるくらい気持ちよく走る、バイカーの皆さん。

海も山も見ることができるコバルトラインは、絶景ポイントがたくさんあります。
皆さんもぜひ自分の絶景を探してみてください。
左から見える山、海。
右からも見える山、海。
私も走っていて気持ちがよかったです。



======================
【コバルトライン走行する際のお願い】
全面通行可能になりましたが、皆さんの安全のために復旧工事が続いています(工事完了は今年12月の予定)。
大原IC-山鳥ゲート間では、数カ所の区間で片側交互通行や簡易ガードレールがあります。
また、復旧工事の車両も多く利用します。
走行する際は、ご注意ください。

============================

今年の夏、ツーリングをしに、デートコースに、友達や家族とドライブに・・・
自然の心地よさを体感しにコバルトラインを走ってみてはいかがでしょう。

(取材日 平成26年6月5日)