header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年6月3日火曜日

2014年6月3日火曜日20:10
こんにちは。Kaiiです。

港町気仙沼にある「中華そば まるき」。
この店の前身は震災前、気仙沼魚市場から400mほど西側にある気仙沼市幸町で営業していた「まるき食堂」です。


気仙沼市田中前「中華そば まるき」 店舗
(平成26年5月21日)

店主の熊谷一政さん(42)は、気仙沼市内の高校を卒業後、栃木県で3年間、和食の修行をしました。
家族が体調を崩したため帰郷し、家族で経営していた「まるき食堂」を手伝いはじめました。
=========
東日本大震災の津波で、自宅と店舗が入っていた「まるきビル」は全壊しました。熊谷さんは震災後2週間ほどは何も考えられなかったそうです。

その頃、両親が避難していた避難所に、気仙沼出身のラーメン界の重鎮であり東京を中心にラーメン店を展開する「ちばき屋」の千葉憲二さんたちがラーメンの炊き出しにやってきました。

「ありがとうございます」と避難所の人たちに声を掛けながら温かいラーメンを配る姿に「お客さまをもてなす心」と「人の幸せを願って仕事をする人たち」の心意気を感じ、熊谷さんは感動しました。
そうしたラーメン屋さんたちの姿に感動した熊谷さんは、平成23年8月気仙沼市の中心部の田中前に「中華そば まるき」として開業しました。
===========================

「中華そば まるき」の厨房


店の中はとても明るく清潔感が漂います。座席数は16席です。


昼食時はいつも満席です


メニューはラーメンとつけ麺が主体ですがギョウザなどのメニューもあります。


特にお薦めなのが、今月の限定ラーメン。


4月は「トマト麺」でした。ラーメンとトマト?と興味本位で頼んだトマト麺はミートソースを思わせる盛り付けでした。

4月限定「トマト麺」

トマトの酸味とチーズが麺に絡み合いとてもおいしくいただきました。




5月限定「潮見そば」
気仙沼市岩井崎産の天然塩を使っています

5月は、「天然潮見そば」が1日10食の限定メニューです。このメニューは糖尿病を患っていた友人が「ラーメンが食べたい」と言っていたことがきっかけで完成しました。
「潮見そば」は、血圧、血糖値を気にする方でも美味しく食べられるライトなラーメンがコンセプトのおいしいラーメンです。
味の決め手の「塩」は気仙沼市岩井崎産の天然塩です。
地産地消に取り組む熊谷さんは、トッピングのワカメも気仙沼市唐桑町産を使用しています。
スープには煮干しを使い、麺は中太で黄色みが強く、喉越しがしっかりしています。


人気メニュー 「辛シビラーメン」


定番の「辛シビみそラーメン」を以前ココロプレスの記事の中でも紹介しました。
ココロデスクから「辛シビみそラーメン」とは「マグロにまつわるラーメンですか?」と問い合わせてきました。
このネーミングについて、熊谷さんにあらためてうかがうと、「辛シビ」とは「しびれる辛さ」を表すそうです。
熊谷さんは、四川の「花椒」と「朝鮮唐辛子」を使っています。

================================
「気仙沼をラーメンで元気に」をモットーにがんばる熊谷さんの夢は、「気仙沼のラーメン文化がもっと盛んになって、ラーメンを目的にも気仙沼に多くの人が来てくれることです」と話します。

熊谷さんが限定メニューを考案し続けるのも、新しいモノへの挑戦です。
他の地域へ行くのに時間のかかる気仙沼で「おいしいものを市民のみなさんを共有したいです」ですと話します。

「気仙沼をラーメンで元気にしたい」という熊谷さん(中央)
笑顔の素敵なお父さんとシャイなお母さん
家族一丸となっておもてなしの心で商売を続けています
(平成26年5月21日撮影)


================================

熊谷さんは「定休日以外にもお休みをいただくことがあるので、遠方からおいでのお客さまには特に残念な思いをしていただかないようあらかじめ問い合わせておいでいただきたいです」とお客さんへの思いやりも忘れません。

震災から3年2カ月が過ぎました。たくさんのご支援をいただき歩み始めてもう3年。
町は少しずつ復旧に向かって歩みを進めていますが、被災地を訪れる人の数は目に見えて減少しています。「被災地気仙沼」の現状を知りたい応援したいという人は多いと思います。

地元気仙沼を「元気にしたい」とがんばる商店主さんたちと商品のファンが増えていくことを、「気仙沼を元気にしたい」という思いが込められたラーメンをいただきながら願いました。

中華そば まるき 
定休日 毎週月曜日

http://ameblo.jp/maruki-kesennuma/


(取材日 平成26年5月21日)