header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年5月12日月曜日

2014年5月12日月曜日20:00
kaiiです。

気仙沼市の子どもたちへ支援をしていただいた鹿児島県鹿屋(かのや)市のNPO法人「隣の会(りんのかい)」を訪ねて、鹿児島県へ来ました。
鹿屋市は鹿児島県の東南部にありますが、驚いたことに気温18℃を地元の人は寒いと感じているようでした。
イベントのお手伝いに行った会場でもダウンコートなどの防寒着を着ている方を見かけました。
南国鹿児島に来て、この時期に防寒着姿の人を見かけるとは思いませんでした。

鹿児島県鹿屋市で開かれたイベント「アースディー」の様子
NPO法人「隣の会」は高齢者と障がい者のディサービス、高齢者のグループホームを運営しています。

NPO法人「隣の会」(鹿屋市)外観

平成24年8月に「隣の会」代表の齋藤鈴子さんが気仙沼市を訪れて、まちづくりのフォーラムに参加したことがご縁で交流が始まりました。
施設で働く方や利用者の方々から、気仙沼の子どもたちへお菓子や寄せ書きなどが贈られました。

「隣の会」の運営する障がい者のディーサービス施設

平成25年5月、「隣の会」の事務長でパテシィエの齋藤修也さんが気仙沼市を訪れ、障がい者の自立と就労を支援する施設や団体で障がい者の就労と自立の現状を見学しました。
齋藤さんが気仙沼を研修の場所に選んだ理由の1つに、日本有数の遠洋漁業船の基地である気仙沼の漁業と障がい者の関わりに興味を持ったからです。

日本有数の遠洋漁業基地気仙沼港

気仙沼の障がい者の自立支援施設の中には、食パンなどの製パンを行っている施設があります。
長期間遠洋で漁をする船では、食パンを冷凍保存し、食事として使用します。航海の長さにもよりますが、多い船で100斤ほどのパンを積みこみ出港します。
このパンを障がいを持った方が作って販売しているのです。


「Patisserie Mon Endroit(パティスリー モン アンドロワ)」の目印のとんがり屋根
齋藤さんは気仙沼での研修も参考にして、「隣の会」の敷地内に、平成26年1月「Patisserie Mon Endroit(パティスリー モン アンドロワ)」というお菓子のお店をオープンさせました。
「Patisserie Mon Endroit」とは「私の居場所」という意味です。
とんがり屋根が目印の「Patisserie Mon Endroit(パティスリー モン アンドロワ)」は、障がい者自立支援法の定めるB型の雇用と地域の人たちの交流スペースとしての活用を目指し、鹿児島県の助成金などを活用してオープンしました。

早朝から菓子つくりをする齋藤修也シェフ
お薦めの商品は、地元で収穫される柑橘類などの果物を使った焼き菓子やジャムです。


「Patisserie Mon Endroit」自慢の焼き菓子とジャム
お菓子やパンの製造と販売のさまざまな工程の中には障がいのある方が自分の能力を活かして働ける可能性がたくさんあり、また障がい者を支えてくれるボランティアの方々のエンパワーメントは心強いと齋藤さんは言います。

毎日作りたて!「Patisserie Mon Endroit」のゴマシュークリーム
齋藤さんは気仙沼を訪れて、被災地で食品製造をする会社の多くが販路の縮小に悩んでいることを知ったといいます。

「東北×鹿屋」東北被災地の企業や団体を模索している
「Patisserie Mon Endroit」の齋藤修也さん
被災地を支援するために、鹿屋市と東北の食材がコラボレーションした商品の開発に励んでいます。三陸の海藻を練りこんだクッキーやパンなどを試作する予定です

「Patisserie Mon Endroit」の喫茶コーナー「にじいろ喫茶」には
お客さんの笑顔が溢れています
将来は気仙沼市のお菓子や食材を自分の店で扱い、鹿屋市のお菓子を気仙沼で販売してもらう交換販売や、気仙沼の農家などと提携して原料を仕入れ開発した商品の販売をしていきたい考えています。

=========================
障がいを持つ方の就労は依然難しい環境にあります。

障がいを持つ多くの方が地域の中で働き、社会に参加し自分らしくイキイキと生きることができる環境の整備が進んでいくことを願います。

噴煙をあげる桜島

「東北×鹿屋(鹿児島)」遠隔地の企業同士が互いの商品を交換販売し販路の拡大に向けた協力を進めていくことは被災地の食品などの縮小した販路の拡大につながると期待しています。


NPO法人 隣の会(りんのかい)
http://www.npo-rinnokai.org/

「Patisserie Mon Endroit(パティスリー モン アンドロワ)
http://www.patisserie-mon-endroit.com/

(取材日 平成26年4月25日)