header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年5月14日水曜日

2014年5月14日水曜日8:00
ココロデスクです。

宮城の水産業が息を吹き返しつつあります。
農林水産省が発表した「平成25年漁業・養殖業生産統計」によると、宮城県の漁獲量は17 万2,300 tであり、前年に比べて1 万9,500 t(12.8 %)増加しました。また、養殖収獲量は6万2,800 tであり、これも前年に比べて1万9,700 t(45.7 %)も増加したそうです。

3年前に壊滅的な打撃を受け、文字通り「ゼロからの出発」だったのですから、「前年と比べて」というのは当たり前といえば当たり前かもしれません。
しかし、震災直後の絶望的な状況を思い返せば、「奇跡」という言葉を用いても過言ではないと思います。
本当に、被災した水産関係者の皆さんの頑張りと、世界中からいただいた支援・応援のおかげだと感じます。

震災前の状態まで戻ることは、そう簡単ではないでしょう。
その一方で、震災前には無かった新しい取り組みも各地で進められています。

少しずつ進んでいる復興の姿を、さまざまな視点からお伝えしていきたいと思います。


================
全国からいただいているご支援に対して感謝を発信するために、宮城県では昨年秋から「宮城から感謝をこめて」というホームページを設置しています。

沿岸15の市町を訪ねて、まちづくりや産業復興、文化の創造と継承などさまざまな分野で温かいご支援が生かされていることをお伝えしています。

現在、次の17本の記事が掲載されています。どうぞご覧ください。


宮城から感謝をこめて
https://sites.google.com/site/kanshamiyagi/

=========================
  ■最近のダイジェスト (4月15日~30日)
=========================

2014年4月15日火曜日
今年も元気に「復興・未来かき祭り」(松島町)
震災の翌年でも中止されなかった「松島かき祭り」。第36回目の今年は、地域再生への願いと多くの支援に感謝をこめて「松島 復興・未来かき祭り」と名付けられました。松島観光協会会長の佐藤久一郎さんは「今年もおいしいかきができました!」と、お客様を笑顔で迎えていました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_5979.html

2014年4月16日 水曜日
突然ですが、画面デザインを一新しました。
いつもココロプレスをご愛読いただいている方には、驚かせてしまったかもしれません。画面のデザインをリニューアルしました。過去記事にもアクセスしやすくと考えたのですが、いかがでしょうか?
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_6408.html

2014年4月17日木曜日
震災から4回目の春。大川のサクラがもうすぐ咲きます(気仙沼市)
気仙沼の桜の名所「大川河川敷の桜」が咲き始めています。50年以上もの長い間、市民の憩いの場として親しまれてきたこの大川河川敷の桜並木。残念ながら今年が見納めになりそうです。いよいよ堤防の復旧工事が始まるのです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/4.html

2014年4月17日木曜日
女川町復幸祭2014 前編(女川町)
「続ける 繋げる 忘れない!」
「女川町復幸祭2014」で恒例の無料提供サンマを焼いていたのは、地元のボランティア団体「女川町復興サポートREALeYE」さんの呼び掛けで全国から集ったボランティアの皆さんでした。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/2014_17.html

2014年4月18日 金曜日
笑顔で気仙沼のおいしいものを紹介しています(気仙沼市)
「命があって、また歩き出せたこと、全世界の多くの人と出会いつながりができたことが私の財産」と、鹿折復幸マルシェで海産物を販売する「やまちょう 小野寺商店」の小野寺由美子さん。苦楽を共にしたマルシェの商店主たちと「みんなでさらに前へ」が小野寺さんの願いです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_52.html

2014年4月19日 土曜日
「グルック アウフ!! いつも共に」?FCシャルケが来た!! 後編(岩沼市)
「巡り会った人がアクティブでした」とインフォコムの富澤信隆さん。「FC シャルケ04 岩沼みんなの家ジュニアサッカーキャンプ」は、個人と個人の偶然とも思える出会いを発端に、それがやがて大きく発展して実現したのです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/fc_19.html

2014年4月20日 日曜日
気仙沼のサクラ散策(気仙沼市)
先日お見せした大川の桜並木に続いて、市内各地のサクラの名所をご紹介しましょう。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_20.html

2014年4月21日 月曜日
今日まで そして 明日から(仙台市)
「『優和』。やさしく和する。誰にでも起こりうるこんな出来事を忘れないで、ひとつになる心、やさしい心を持ち続けていてほしい」と俳優の柴俊夫さん。今年もまた多くの方がそれぞれの思いを抱いて「3.11」を迎えました。仙台市で行われた「希望プロジェクト2014」での一コマです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_2529.html

2014年4月22日火曜日
うまいでっせ~!気仙沼に本場大阪の「たこ焼き」参上!(気仙沼市)
「今は愚痴を言える場所が少なくなったからね。少しでも心の荷物を吐き出して、楽しく生きてほしいんよ」と、たこ焼きの店「浪花たこよし」の松下初男さん。大阪生まれで大阪育ちの松下さんの「うまいでっせ~」が、今日も街に響きます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_3289.html

2014年4月23日
仙台市・サクラめぐり(仙台市)
桜が開花してから寒の戻りに見舞われた仙台。花見にはちょっと厳しかったのですが、おかげで花は長持ちしていたようです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_23.html

2014年4月22日 火曜日
女川町復幸祭2014 後編(女川町)
「この町の主人公はあなたです。女川、東北の素晴らしさを皆さん自身がどんどん発信し、女川町が21世紀のモデルになってほしい」。「女川町復幸祭2014」の須田善明町長とのトークショーで、俳優の別所哲也さんが熱いエールを送りました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/2014_22.html

2014年4月23日水曜日
気仙沼来い恋ツアー開催(気仙沼市)
~仙台から来て!恋して!~
5月18日(日)、復興屋台村・気仙沼横丁を会場に、街コン「気仙沼来い恋ツアー」が開かれます。ウニ、カツオ、そしてホヤの水揚げが始まる5月の気仙沼で盛り上がりませんか?
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_1318.html

2014年4月24日 木曜日
追悼 東日本大震災から3年(後編)(気仙沼市)
3月11日。「ケー・ウェーブ」で行われた「気仙沼市東日本大震災追悼式」に遺族や市民など約1300人が参列しました。式典では鹿折小学校の4年生が、阪神淡路大震災の後に作曲された「しあわせ運べるように」の歌詞の一部を気仙沼に合わせて替えて合唱しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/3_24.html

2014年4月25日 金曜日
震災から3年目の松島探訪(松島町)
日本三景の1つ松島は、仙台からJR仙石線で40分ほど。JR松島海岸駅からすぐ見える場所にある「マリンピア松島水族館」は昭和2年に開館した日本で2番目に長い歴史を持つ水族館です。仙台港に移転が決まったため、残念ながらあと1年で閉館です。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/3.html

2014年4月26日 土曜日
春の風物詩。コンブ干し作業が最盛期(気仙沼市)
「天気にも恵まれお日様に働かせてもらって、今年は久しぶりに品質の良いコンブが獲れています。3月31日にはここ数年の同時期としては最高の数量を初出荷できました」と気仙沼市早稲谷の吉田鎭美さん。気仙沼の春の風物詩、コンブの天日干し作業に精を出していました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_3221.html

2014年4月27日 日曜日
仮設住宅に石巻焼きそばのマイスターが誕生 続編(石巻市)
「楽しい、皆さんとお会いできるから。とてもありがたい。こういうことがないと集まらないから・・・」と、「石巻焼きそば教室」に参加した仮設住宅にお住まいの方。「石巻の誇り 茶色い焼きそば」を通じた人と人との繋がりが、またさらに広がっています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_8084.html

2014年4月28日 月曜日
サクラの風景(石巻市、女川町、東松島市)
東北の桜の開花は遅く、ゴールデンウィークを間近に控えた東松島市野蒜(のびる)北部丘陵地区では、大型ベルトコンベヤーの後ろでひっそりとサクラが咲いていました。石巻、女川、東松島の、それぞれの桜の表情をご紹介します。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_28.html

2014年4月29日 火曜日
復旧! 「気仙沼シャークミュージアム」始動!(気仙沼市)
4月2日、東日本大震災で被災した気仙沼産業センター「海の市」が復旧・プレオープンし、サメをテーマにした博物館「気仙沼シャークミュージアム」などの一部施設が3年ぶりに営業を再開しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_6101.html

2014年4月30日 水曜日
ゴールデンウィークイベント情報(石巻市・東松島市・女川町)
今年のゴールデンウィークも石巻エリア(石巻市、東松島市、女川町)ではイベントが盛りだくさんでした。(掲載したイベントは終了しています)
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/04/blog-post_1771.html

==================================
■編集後記

ちょっと「まとめて感」がある「週刊」でごめんなさい。

皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?

私はといえば、風邪で寝込んだり、野暮用に追われたりしているうちにいつの間にか終わってしまいました。
毎年、同じように後悔しては「来年こそ」と決意するのですが・・・


最終日の午後、実家から帰る途中の河原で見つけたサクラ並木です。
残雪の山々から流れてくる雪融け水に、花吹雪が合流していきました。

(ココロデスク)