header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年2月12日水曜日

2014年2月12日水曜日13:23
こんにちは、Chocoです。
私が今回、追っかけ取材をしているイベントは、「女川復幸祭2014」です。
週に1回、定期的に会議が行われ、当日に向けての準備が丁寧に進められています。

夜遅くまで続く会議

「女川復幸祭」の元となったのは、2011年5月4日に「おながわ復幸市」です。


それから、バージョンアップしたイベントは翌年から「女川復幸祭」に名前を変更しました。
今年で3度目の「女川復幸祭」が、来月3月16日に行われます。
「復幸祭」については、日を改めて詳しく紹介します。

今日は、「復幸祭」の前日(3月15日)に開催される「津波伝承 女川復幸男」の募集についてお知らせします。


=======================

「津波伝承 女川復幸男」は、「”津波が来たら高台へ逃げる"という津波避難の基本を、何かの形で後世へ伝え続けたい」という想いから始まりました。

女川に津波が到達した午後3時32分をスタート時刻とし、
旧鹿又や旅館付近から女川中学校内にある「いのちの石碑」を目指して、坂を一斉に駆け上がります。


今回で2回目となる「津波伝承 女川復幸男」では、
参加者(「津波が来たら高台へ逃げろ」と伝え続けられる人)を募集しています。

今回、「本家福男の西宮神社」公認されました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時 2014年3月15日(土)午後3時32分
会場 スタート:旧鹿又や旅館付近 / ゴール:女川中学校 いのちの石碑前(距離約350m)
参加料 無料
参加資格
・中学生以上の健康な男女
・「津波が来たら高台へ逃げろ」と伝え続けられる方
・3月16日の復幸祭にも参加できる方

賞品 
・1・2・3番手まで復幸男認定証贈呈
・1番の復幸男は翌日の復幸祭において「きぼうのかね」を鳴らすことができます。
副賞
・1・2・3番手まで女川水産加工品セット贈呈
・全員に参加賞を贈呈(復幸男の木札)

詳しくは、「女川町復幸祭2014」のホームページの「津波伝承 女川復幸男募集」をご覧ください。

===============

「一過性のイベントではなく、年中行事として続けていき、100年続けて、貞観、慶長の大津波伝承と同じく、女川町の民族伝承となるように育てていきたい」
貞観慶長・・・貞観(平安時代前期)、慶長(江戸時代初期)共に三陸沖地震が発生し、沿岸部は津波により、多大な被害を受けました
後世へとつながることを願い、今年も「津波伝承 女川復幸男」が開催されます。
走る事に意義があります。

より多くの方々が、参加して、女川町民だけでなく、全国各地で「津波伝承」を盛り上げていきましょう。
教訓を継承するために、ぜひ皆さんも参加してみてください。


(取材日 平成26年2月11日)