header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2014年2月10日月曜日

2014年2月10日月曜日23:25
こんにちは、Chocoです。
日本中で20cm以上の積雪が観測された先週末、石巻近辺も91年ぶり観測史上最大2番目となる38cmの積雪を記録し、辺り一面銀世界が広がりました。
公営住宅が建つ土地も雪模様
石巻市雄勝町では、大雪による倒木で電線が断線したのが原因で、437世帯が一時的に停電したそうです。

9日は、前日に積もった雪の除雪作業があちらこちらで行われていました。
出かけたいのに、車が動かないくらいまで雪が積もっていたり、
外へ出ても道路状況が悪く、運転困難な状況だったり、
道路も除雪が間に合っていない場所だと歩行者も車道を通る状態でした。

車も身動き取れない状態でした。
渡波駅付近の線路も雪でうもりました

夕方には、点検走行をしていました
私も車道をあるきました
翌日10日、女川へ向かう途中にある会社や住宅地でも除雪作業をしていました。

マリンパル女川 おさかな市場でも従業員の人たちが
雪かきをしていました
 きぼうのかね商店街も辺り一面真っ白でした。


タバコ箱をお借りして、積雪の度合いを紹介したかったのですが、
イマイチ分かりづらいでしょうか(笑)

それでも近所の人たちと雪かきを通して、交わす会話や助け合う姿は、私が訪れた所でたくさん見ることができました。

久しぶりに動かした体は、筋肉痛気味ですが、
温かい人の心に触れる事ができた良い一日でした。

—————————————

多くの人たちの足に影響を及ぼした91年ぶりの大雪。
それによって、沿岸部の道がふさがれ足止めをされていた地域もありました。
震災の影響で道路状況が悪い中の除雪作業は、通常よりも対応が遅れてしまう原因にもなっています。
その現状を地元の人からの連絡で知りました。
復興の道のりは長いということもあらためて感じる一日でもありました。

全国で大雪による事故等が相次ぎました。
今後も凍結、落雪等、まだまだ油断できない状況です。
車の運転、歩行等、お気をつけください。

(取材日 平成26年2月10日)