header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年12月20日金曜日

2013年12月20日金曜日10:42
こんにちは。kaiiです。

真冬の今になって、夏の出来事の報告になりますが、とても「愛」のある温かいイベントでしたので
みなさんにご紹介したいと思います。

平成25年8月24日、気仙沼市九条で市民(硬式)テニス教室が開かれました。
この教室は、平成24年3月11日にアメリカのシカゴ市で発足した「Project Love All」が、宮城県と岩手県の一般市民対象に、「テニスを通じて元気になってほしい」と開催したイベントです。


夏に、お知らせ記事を書きました。
2013年8月19日月曜日
<お知らせ>Love all 「復興へ!テニスを通じて新しいスタートを」(気仙沼市)
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/08/love-all.html

テニス初体験コースには20人ほどが参加しました

気仙沼市では、一般市民向けと学生向け、子どもたち向けの教室が計4回開催されました。
講師は、Project Love All 代表の今井誠さん、大阪で活躍するプロテニスコーチの吉田賢志さん、村上崇さん。中木 政史さんです。


指導するコーチ陣とプロの指導を真剣に聞く参加者
気仙沼テニス協会の小山克夫会長は当日まで「天気と暑さと参加人数が心配です」と話していましたが、老若男女を問わず45人の市民が参加しました。
心配していた天候も午後6時の開催時間には夕焼けがきれいな空になり、気温も下がって運動するのには適当な環境になりました

参加者全員で記念写真
Project Love All 代表の今井誠さんは、
「海外に住む日本人として少しでも復興の力になりたいと願って活動を始めました。シカゴや大阪府枚方市で同じ気持ちを持った仲間が集まり、テニスを通じて復興支援活動をしています。このような活動を通じて、東北の方々と交流ができ、シカゴや枚方の仲間も元気を東北の人たちからいただいています。これからも皆で楽しくテニスを通じて交流を深めていけたらと思っています。


テニスを全くしたことがない方でも、気軽に参加してテニスの楽しさを知ってもらえる場を作っていきたいと思っています」
と話します。

テニスを楽しむ参加者たち

ラケットを持っていない人には無償でラケットが貸し出され、体験コースの人たちも1時間ほど練習をすると、コートで上手にボールを打っていました。参加した人たちは和気あいあいとテニスを楽しんでいました。

参加者全員にプロ用のグリップが記念に
プレゼントされました
大阪のスポーツ用品店からは、「練習に役立ててほしい」と、ラケット、ボールなどのテニス用品が気仙沼テニス協会などに贈られました。

「愛をとどけたい」と代表の今井誠さん(左)と
中木政志さん(右)
「これからも東北と世界各地をつなげていけるような活動を続けていきます。テニスコートで多くの方々の交流が始まる空間を作れるよう、『Project Love All 』活動を続けて、たくさんの笑顔と『Love』 を広めていきたいと思います」
と今井さんは話しました。

高校生の部活以来数十年ぶりにラケットを持ったと話す
参加者の女性もいました
市内から参加した女性は、
「高校卒業後久しぶりにラケットを持ちました。明後日あたり筋肉痛かもしれません。とても楽しい時間です。また参加したいです」
と笑顔で話しました。

熱心に指導する吉田賢志さん
コーチを務めた吉田賢志さんは、
「気仙沼でテニス教室をこれからもさせていただきたいです」
と話し、この後も個人として1カ月に1回くらい気仙沼を訪れテニス教室を開いています。

数十年ぶりにテニスをしたという女性は、この教室がきっかけでまたテニスを楽しんでいると話しています。

スポーツを通じて笑顔が広がっていくと良いと思います。

(取材日 平成25年8月24日)