header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2013年12月4日水曜日

2013年12月4日水曜日10:47
ココロデスクです。

今日は12月4日。
2011年3月11日に発生した東日本大震災から1000日目に当たります。
被災された方々、見守り、支援してくださった方々、一人ひとりにそれぞれの思いがあることでしょう。
ただ、共通するのは「何もかも、まだまだ途中である」ということではないでしょうか?

「○年目」「○○○日目」という時間の節目は目標にもなりますし、それまでを振り返り思いを新たにするきっかけにもなります。

もちろん、それは何か物事にひと区切りを付ける機会にもなるでしょう。
しかし、こと震災からの復興に関して言えば、区切りを付けるのはまだまだ先のことに思われます。


明日は、震災から1001日目です。


===========
気仙沼方面担当のkaiiが、これまで取材させていただいた方々から「震災から1000日」をめぐってメッセージを頂いています。どうぞご覧ください。


=========================
■お知らせ
=========================

宮城県が全国からいただいたご支援に対して感謝を発信する「宮城から感謝をこめて」に、新しい記事が加わりました。
今回の新着記事は、石巻市雄勝町の「ローズファクトリーガーデン」と、南三陸町の「長須賀海水浴場復活」の2本です。トップページ左側の目次からたどってください。

宮城から感謝をこめて
https://sites.google.com/site/kanshamiyagi/


=========================
■イベント情報
=========================
東日本大震災祈念特別展
11月16日~2014年1月13日
東北歴史博物館(多賀城市)
http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/detail.php?data_id=499

===================
支援のかたち
被災地でのパートナーシップ
12月11日
せんだいメディアテーク 6fギャラリー4200
仙台市市民活動サポートセンター/せんだいメディアテーク
http://www.smt.jp/thinkingtable2012/?p=4617


=========================
  ■最近のダイジェスト (11月18日~12月3日)
=========================

2013年11月18日月曜日
「被災地に希望を 仙台在住イラストレータ8人展」(東京都港区)
「震災を乗り越えて前向きに生きていきましょう」という地元に向けたメッセージを込めて、仙台在住の8人のイラストレーターが東京・港区のギャラリーで作品展を開催しました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/8.html

2013年11月20日水曜日
音楽の力、「北上音楽祭」(石巻市北上町)
「復興地に音楽を届けたい!」という熱い想いを持ったアーティストが2012年に立ち上げた音楽イベント「北上音楽祭」。2013年からは復興支援ライブだけではなく、復興地にさまざまな形で音楽を届ける「アーティスト集団」としての活動も開始。使わなくなった楽器、誰かに使ってほしい楽器を集めて、復興地へ届けています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_6071.html

2013年11月21日木曜日
第2回 大人の科学教室開催(気仙沼市田中前)
震災による原発事故の後、たくさんの科学の言葉が飛び交いました。その中には、よく分からない言葉や内容がたくさんあります。こうしてついつい分からないと遠ざけている科学のお話を、分かりやすく教えてくれる教室が気仙沼で開かれました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/2.html

2013年11月22日金曜日
ひとつになったふたりの「未来道」(南三陸町歌津)
南三陸町の名足漁港を見下ろす小高い場所にあるトレーラーハウス。イタリアンカフェの「カフェかなっぺ」です。お店を切り盛りするのは、地元歌津出身の千葉馨さんと横浜出身の嘉苗さんご夫妻。ふたりは今年4月、地元で「未来道」と呼ばれる砂利敷きの道に布を延べて設えたバージンロードを歩いて結婚式を挙げました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_7723.html

2013年11月25日月曜日
第28回リアス牡蠣まつり唐桑開催!~感謝祭&復興の海原へヨーソロー~(気仙沼市)
11月17日、カキの即売イベント「第28回リアス牡蠣まつり唐桑~感謝祭&復興の海原へヨーソロー~」が、唐桑小学校の校庭を会場に開かれました。「ヨーソロー」は航海用語で「前進」を意味する言葉。復興へ前進するという意味が込められています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/28.html

2013年11月26日火曜日
「町の魅力でまちおこし~亘理山元まちおこし振興会」(山元町)
NPO団体「亘理山元まちおこし振興会」の理事長を務める千石信夫さん。「古民家は町の文化財産なのです。古民家を活用した施設は、必ず将来の山元町の文化や教育にとって有益なものになるはずです」と、古民家を残す活動に取り組んでいます。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_26.html

2013年11月27日水曜日
高品質の地場産缶詰で地域活性を目指す~株式会社木の屋石巻水産(美里町・石巻市)
「津波で流されてしまった缶詰が被災された方々の手に渡り『命の缶詰』『希望の缶詰』として命の糧となったことは幸いでした。缶詰の価値をあらためて痛感しました」と木の屋石巻水産の木村長努社長。内陸部の美里町に工場を新築移転して再出発しています。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_27.html

2013年11月28日木曜日
世界中で地球と握手(気仙沼市)
「支え合うことを大切にする象徴にしてください」。開校30周年を迎えた気仙沼市立面瀬小学校で、全校児童が福井県の現代美術作家松宮喜代勝さんの指導で製作したモニュメント「地球と握手」の除幕式が行われました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_28.html

2013年11月29日金曜日
第一回 気仙沼・女の芸術祭開催 (気仙沼市)
「震災当時は、生きることだけで精一杯でした。少し生活が落ち着いて再出発です。世の中を明るくしたい。目指すは若い者を支えられるおばあちゃんです」と、さいとうあつこさん。気仙沼市内で創作活動に励む女性たちの作品を一堂に展示した「気仙沼 女の芸術祭」の一コマです。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_8641.html

2013年11月30日土曜日
震災とせんだいメディアテーク 前編(仙台市青葉区)
柱の代わりのチューブで支えられたガラス張りの建築、せんだいメディアテーク。一見、耐震性が心配ですが、実は緻密な計算に基いて強度を実現していることを震災で証明しました。「これからも市民の交差点を目指して頑張ります」と管理係長の庄司武夫さんは語ります。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/11/blog-post_9588.html

2013年12月2日月曜日
東日本大震災から1000日 ~被災地気仙沼へのメッセージ fromベトナム
「今、ベトナムで暮らしていますが、たくさんの人に”被災地はどうなった? 大丈夫?”と聞かれます。遠く離れた場所からも、たくさんの人が心を寄せています」と巡回療養支援隊気仙沼(JRS)隊員だった西尾浩美さん。
12月4日で東日本大震災から1000日。これまでココロプレスで取材させていただいた支援者の方々から、被災地気仙沼へのメッセージをいただきました。シリーズでお送りします。
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/12/1000from.html

2013年12月3日火曜日
東日本大震災から1000日 ~被災地気仙沼へのメッセージ~from『LOVEフェス3.11?神戸から東北へ笑顔の架け橋を?』(気仙沼市)
震災1000日目のメッセージの2人目は、大阪で毎月11日に「福興カフェ」を開いて被災地の状況を伝え続けている釜谷直人さんです。
「東北は自分の第二の故郷。東北の美しい景色が元の素晴らしさを取り戻し、「復興した姿」を見るまでは東北に、毎月通い続けようと心に決めています」
http://kokoropress.blogspot.jp/2013/12/1000from311.html

==================================
■編集後記

ココロプレスのタイトル文字のバックには、月替りで各地の現在の様子を撮影して使用しています。
今月は、12月1日にグランドオープンした名取市閖上の「ゆりあげ港朝市」。

6時の開場セレモニーを待たず、場内では新鮮な魚介類や野菜を買い求める人々で大混雑です。名物のメンチカツや小籠包を頬張りながら店を見て回る姿も目に付きました。

「アイソン彗星が見られるかも」という期待は外れましたが、美しい朝焼けを拝むことができました。


黙祷のまぶたひらけば閖上の港朝市を照らす朝焼け





(ココロデスク)